« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.6kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 22.2% 16433歩

休日の29日は朝から、北新宿ボードゲーム部というところの、東京は高円寺で行われた部会に参加してきました。 今回もいろんなゲームをプレイさせていただきました、どれも面白かったのですが、画像に残っているものをひとつ紹介します、「Modern Art」というブラジルのゲームです、相場をみながら絵画を競りにかけてギャラリーとして利益をあげる、というゲームです、アートワークがとても美しかったです。

Modern_art_02

Modern_art_03

途中、お昼に抜け出して、ご近所さんだったのに引っ越してしまい最近ご無沙汰だったお友達とランチデートしてきました、お店は西荻窪にある、「夢飯/むーはん」さんという海南チキンライスのお店です、画像は奥がチキンライスで手前がお粥だったりします、美味しかったです楽しかったです。

Chikin

◆海南島生まれ・シンガポール育ち!エブリバディにキチンとおいしい海南チキンライスの夢飯♪
http://www.mu-hung.net/

天気も良かったので、そのまま近くの公園でブランコに乗りながらいろんな話をしたり、古本屋さんをのぞいたりして、のんびり。 

そのあと、また高円寺にもどってゲームを堪能しました。
まだまだ終了まで時間はあったのですが、後ろ髪を引かれつつ会場をあとにして、こんどは吉祥寺でお店のオープニングパーティに参加させていただきました。

セレクトグッズショップ「四月」
http://shigatsu.jp/

ホームページはまだトップ画面だけですがだんだんと充実予定だそうです。 お店のほうはオールディレクションで楽しいグッズとか洋服とか古本とか、いろいろ並んでました。 オープニングパーティは、お店とそのお隣のベッシーカフェで行われて、ゲストにアコーディオン奏者の小春さんの演奏とかもあって、とっても楽しく始まりました。

SUTTOKO-DOKKOI
http://suttokodokkoi.blog.drecom.jp/

おおぜいいろんな人が来ていて、会場もごったがえしてきたので、途中で失礼させていただきましたが、あらためてゆっくり伺いたいと思います、どうもありがとうございます。

その後はお友達とお茶したりしたのですが、三食しっかりいただいたので、いろいろ動いたわりには体重は100g増加でございました。 楽しいいちにちでしたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.5kg (前回比 -0.4kg) 体脂肪率 20.6% 12657歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィクサー

Michael_clayton_movie_poster2
(C) 2007 Clayton Productions, LLC

「フィクサー」という映画を観てきました、原題は「MICHAEL CLAYTON」でジョージ・クルーニーさん演じる主人公の名前がそのままタイトルになっています。  マイケル・クライトンというとSF作家で映画監督の「Michael Crichton」を思い浮かべてしまいましたが、スペリングが違うとあとで気がつきました。

邦題のフィクサーは英語だと「Fixer」ということで「(事件を)もみ消す人」という意味で映画の中で主人公もそう呼ばれていました、アメリカでは悪徳弁護士もフィクサーと呼ばれるそうです。 Fix を調べると名詞では、苦境、修理、八百長とかで、動詞では固定するという意味で使われてます、日本語でも最近は「フィックスする」と使いますが、スケジュールを決めるとか、壊れたものを元の状態にもどしたり直すこともいいます、「黒幕」の意味でも使われていますね。

名前のタイトルよりもこの場合は邦題のほうが内容を表していてよいかもしれません、調べるとフィックスには「やめられない習慣」という意味もあるらしく、それぞれの登場人物がお酒だったり賭博だったりやめられないものがあることにも、偶然かな、かかっていたりします。

あらすじは、
大手法律事務所のフィクサーとして活躍するマイケル(ジョージ・クルーニー)。在職15年にして共同経営者への昇進もない彼が焦りと不安を感じる中、大企業の集団訴訟にかかわっていた同僚の弁護士アーサー(トム・ウィルキンソン)が精神に異常をきたす事態が発生。マイケルはその後始末をするため、アーサーの下へ向かう。(シネマトゥデイ)

映画「フィクサー」公式サイト
http://www.fixer-movie.com/

今回の感想は疑問をいくつか書くためにかなりネタバレします、観ようと思っているかたはどうぞご注意ください。

冒頭にトム・ウィルキンソン演じる弁護士の独白から始まるのですが、内容が支離滅裂でなにがなんだかわからない。 そのあとティルダ・スウィントン演じる女性法務担当がインタビューへのコメントを練習しているシーンで、納得できないし苦しそうなのに、本番はうまく笑顔でこなしている。 そして主人公がカード賭博をしていて、何のゲームをしているかはよくわかりませんでしたが、ポーカーかブラックジャックとかかと、負けてそのシーンから呼び出されてひき逃げの対応に向かい、フィクサーとしての腕の見せ所になるかと思うと、ごくあたりまえな、でも正しい対応をしてその場をあとにする。

ここまでで、登場人物のキャラクターがほぼ全て理解できます、三人のそれぞれの立場や気持ちを明確にさせるのですが、でも、ストーリーは何一つ分からないのです。

てっきり呼ばれた内容から話が始まるのだと思ったのだけどそうでもないし、えー、どうなるのだろうと思っていると、走っていると(それも車がジャンプする描写もあるくらいスピードを出しているのだけど)唐突に主人公は乗っていた車から降りて、丘の上にいる三頭の馬に近づく、幻想的なシーンなのでこれは主人公の夢なのではと思った瞬間に……。

という長い前振りなのです(笑)、事前に予告編は見ていたから想像はできたけど、知らなかったらきっとそこまではなんだかわからなかったと思います。

疑問のひとつめは、なんで馬を見に行ったのだろう?

というか丘を見上げたら馬がいたので近づいてみた、という感じだったけど、そこに理由はあったのかが、私には最後までわかりませんでした。 マイケルの息子の本「REALM AND CONQUEST/王国と征服」のあらすじを二人で学校に行くシーンで説明していたなかに、もしかしたらそれに関連していたのかも知れませんがわかりません。 あとあとあんなにその話が重要になるとは思わなかったけど、もっとちゃんと覚えておけばよかったと悔やみます、伏線はけっこうあったのに。

その離れて暮らしている子供の部屋はかなりマニアックで、ビデオゲームは点けっ放しだしフィギュアが沢山飾ってあるし、よく見るとエヴァンゲリオン初号機みたいのとかあったり(笑)、どちらかというとオタクなキャラクターなのに、ストーリーの途中でお父さんは「お前は心が強いから大丈夫だ」というようなことをいうのです。

疑問のふたつめは、その息子さんとお父さんの仕事仲間であるアーサーとがどこで「王国と征服」つながりなの?

どう接点があったのかが全然わかりませんでした、おかしくなって電話もでないようなキャラなアーサーと何で電話で話しをしているのかまったく不明です。 やはり、車の中の会話にそんな話題があったのかもしれませんが、うー、わかりません。

疑問のみっつめは、アーサーはどうして農薬の被害者の娘さんと親しくなったのでしょう?

一方的な思いなのかと思ったら、ちゃんとやっぱり電話で話をしているし、最後は飛行機で来いって呼び出しているし、うー、よくわからない。

とは言っても大きな疑問はこの三つくらいで、実はわからなくてもストーリーにはそれほど問題はないのですけど、でも、疑問。

そんなわけで、メインの登場人物はみんな二面性を持っているのです、どちらかというと表と裏、正義と悪な感じ。 その二面性を持ちながら、主人公三人で、さらにアーサーが極端な正義に、会社側のカレンが極端な悪に、中間としてマイケルがいるような描かれかたをしていると(勝手に)思いました。

そういう見方をするとそれぞれの立場での心の動きが理解できて面白いのです、真ん中の立場でけっしてヒーローではない主人公のマイケルは決断を迫られるごとに苦悩するのですね。

映画としては、アクションシーンなど無いしサスペンスというより人間ドラマだと思ったほうがよいです、そう考えるととても面白い。 最後のエンドロールにかかるタクシーの長回しでのジョージ・クルーニーの演技はどういう意味だったか、エレベーターが一緒になったカップルさんたちも話題にしていました。

そうそう疑問としてはもうひとつ、「シバ神」とか最後にも唐突に出てくるけど、前半でも唐突に登場するフレーズで、それもどこかに振りがあったのかと思いつつ、違うと思うけどそんなことを言った自分を、主人公は笑ったのかもしれませんね。

重要な要素でわからないことがいくつかあったのは辛かったけど、細かい伏線も、なんでカードがお風呂にあるのとか、誕生日のシーンとか、分からないことが多かったけど、それらがわかったらさらによい映画だったのかもしれません、十分に面白かったけれど(^^)。

もみ消したはずの気持ちはチリチリと燃え続けてた大火事になった (天国ななお)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.9kg (前回比 +0.3kg) 体脂肪率 21.9% 8523歩

週末の土曜日はいつもの鍋、春なのに鍋(笑)、日曜日は唐突に回転寿司を食べに出かけました、そんなわけで体重はまた少しもどしてしまいました、ゴールデンウィークもイベントはいろいろあるので体重は心配ですけれど、そんなの関係ねー、ということで、わー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.6kg (前回比 +-0.0kg) 体脂肪率 21.9% 20109歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.6kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 21.0% 10646歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのおひる マックラップ黒酢チキン

きょうのおひる 黒酢チキンマックラップ

Welcome to McDonald's Japan
http://www.mcdonalds.co.jp/

マクドナルドの「マックラップ黒酢チキン」です。
チキンと黒酢もよく合いますね、ソースに黒酢とゴマが混ざっているようです。 やわらかいチキンにしゃきしゃきレタスにトルティーヤのもっちりな食感がまざって飽きません、というか飽きるほど量はありませんけど(笑)、食べやすいからこぼさないですむし、クーポンで150円なら私は満足です(嬉)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.7kg (前回比 -0.6kg) 体脂肪率 22.4% 10493歩

きのうは自宅で、豚の生姜焼き(わー、ひっさびさ)に、大根と厚揚げと筍の煮物な夕食でした。 例によって平日自宅なのでお酒は呑みませんでしたので、わかりやすい私のカラダはちゃんと600gほど体重が減りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笹公人の念力短歌トレーニング

Nenrikitanka_01

紹介が遅くなってしまいましたが、歌人/笹公人さんの新しい本が発売されています。

笹公人 「笹公人の念力短歌トレーニング

定価 1,365円(税込) 発売:(株)扶桑社
イラストレーション:杉木ヤスコ 
帯文&イラストレーション:吾妻ひでお  デザイン:中川まり

笹短歌ドットコム
http://www.sasatanka.com/

知っているみなさんを含めて、沢山の投稿短歌が掲載されていました。
笹師範の講評とともに、それをまとめて読めるだけでも楽しいのに、毎回の模範解答と解説が短歌を作るヒントを教えてくれて、実践的な入門書としてもとってもとっても役立つのです。

私は全部のテーマに投稿できていませんし、数も多くありませんでしたが、何首か掲載されていました。 笹さんは「Blogでは毎回、疵(きず)のない短はなるべく掲載するように心がけています」とおっしゃってましたが、なんにしてもこうやって活字になるのは嬉しいです、どうもありがとうございます。

掲載されていた私の短歌を記録をかねて並べておきます。

■魚介類
名に恥じず生きてますかと訊いてくるあなたはオキノテズルモズルだ (天国ななお)
深海のオキノテズルモズルの腕十本に巻かれて眠っていたい

■酒
レッドから ホワイト オールド リザーブへ ローヤル前に亡くなった父

■格闘技
戯言を叫ぶマイクで殴りつけ場内に響くズコボコドカボコ
ハリセンと同じで音ほど痛くないスチール椅子で場外乱闘

■バンド、ミュージシャン、歌手
センパイと呼び止められた廊下には放送室から「MOON」流れる

■SF
突然なキスでおどかすときいつもラベンダーの香りがしてる

よかったら、書店で手に取って読んでみてください、どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.3kg (前回比 +0.3kg) 体脂肪率 21.0% 13779歩

わー、いかんですたい、体重増加が止まらんですたい。
夕べは比較的早かったので、最寄り駅からウォーキングして帰ろうと思ったのが運のつきで、ついいつもの沖縄料理屋「ちゅらさい」さんに寄ってしまったのでした。 炙りたての鰹とかカシラや豚バラの串焼きに、最後は肝の沢山入ったアンコウ汁まで、美味しかったー、いただいてしまったからです。 さらに帰宅してカレーを三口ほど食べてしまいましたからー、わー、だめだめだー(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのおひる 辛味テリヤキチキンバーガー

きょうのおひる 辛味テリヤキチキンバーガー

やわらかめのバンスに、テリヤキのたれで丁寧に焼かれた香ばしくてやわらかいチキンと、しゃきしゃきレタスの食感がとてもマッチしていて、それに期間限定の辛味だれがちょっとエスニックな味で、ピリッと辛くて美味しゅうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.0kg (前回比 +0.5kg) 体脂肪率 21.1% 8368歩

きのうは自宅でご飯でした、お稲荷さん三つと焼き豚にほうれん草のおひたしでした、お稲荷さん三つが多かったと思います、体重はまたもどってしまいました、かなしー、がんばりますー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.5kg (前回比 -0.5kg) 体脂肪率 22.3% 11574歩

痩せても枯れても♪

きのうは午後からお台場近辺のイベントに参加してきました、比較的早めに終わったので仕事場に戻ろうと思いつつ電話をすると特に急ぎの用事がなかったので、ラッキーということでそのまま直帰しました。 帰る途中で観たい映画をやっていたのでそれを観て、そのあと大好きなお友達とも連絡が取れて逢ってお茶などできて、よい月曜日を過ごせましたよー。 体重も少しもどしたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.0kg (前回比 +0.6kg) 体脂肪率 21.9% 8728歩

Sakura08

日曜日はお昼から親戚のお宅にお邪魔してお花見&BBQしてきました。
自宅の裏に学校がありまして、敷地内にある八重桜がちょうど見ごろな時期なので、そちらを借景しながらお庭なスペースでバーベキューを行います。 各家庭から海産系な食材とお肉に野菜と、もうこれでもかという量が集まりまして、焼いては食べるを繰り返します、とにかく美味しくてビールやお酒が進みます。

娘は単独行動だったので彼女のために夕食はお寿司を買って帰って、もう絶対食べられないと思ってけど、しっかりつまんでしまう自分が怖いということで、体重はいきなり0.6kgほど増加してしまいました、いかーん、けど、美味しかったー(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.4kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 21.5% 21057歩

土曜日はそんなわけで、どんなわけ? えー、午前中はバトミントンをしまして、午後は自作CD(笑)のラベル作成して80枚分印刷して、夜は自宅で春なのに鍋を囲んだ夕食を食べて、夜中にお友達のレストラン、外飯屋 WoodyNotes さんでダーツ大会に参加して、美味しいまかない食とビールにワインをいただいて、往復自転車をこいだけど体重はやはり少し増加してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.3kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 21.8% 10403歩

金曜日の午後、大好きな人に運試しを託したのですが、わたしの神通力が足りなくあえなく惨敗をしてしまいました、まあ、大凶転じて福となす、ということもありますから引き続き精進したいと思います、なにを。 残念会ではありませんが、なんと食べ物飲み物がほとんど全て300円の中華屋さんで呑んで食べて終電で帰宅したけれど、体重は増えずにすんだようです。

きょうの午前中はバトミントンで、最近みなさんやる気満々で、そろそろ私など技術的にも追い抜かれそうです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのおあさ メガマフィン

きょうのおあさ メガマフィン

10:30までしか食べられないマクドナルドのメガマフィンを味見したくって、無理やり買ってきました、見た瞬間に小さいかと思ったけど、これでも700kcal近くあります。 ポークのパティとカリカリベーコンが二枚ずつ、タマゴにチーズもよい組み合わせです、なによりケチャップがアクセントとして効いていて美味しいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.4kg (前回比 -0.2kg) 体脂肪率 22.0% 7026歩

きのうは自宅でごはんでございました。
緊急用に備蓄していた鯖の味噌煮の缶詰とか賞味期限が切れてしまうものを消費して鯖大根と、チキンサラダと、煮豆などいただきました。 仕事場でもお留守番が主な仕事になってしまった今週は、歩数もあがりませんねー、でも、そんなわけで体重は少し減りました。 今夜は外食予定だし、土曜日の夜はダーツで、日曜日はお花見ということで、また食べ過ぎる気配がありますが、はーい、気をつけますよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒットマン

Hitman

「ヒットマン」という映画を観てきました、原題もそのまま「HITMAN」です、イギリスの「Eidos/アイドス」という会社が発売したビデオゲームの映画化だそうです、私自身はそのゲームをしたことがないので、だそうです。 制作は違いますが同じ会社から発売された「Tomb Raider/トゥームレイダー」はプレイしたことがあります、こちらも映画になって続編まで作られましたね、映画も観ましたよー。

アンジェリーナ・ジョリーさんが演じたララ・クロフトは、一度見てしまうと彼女しかありえないと思ってしまいましたが、はたしてHitmanのゲームを知っている人にとって、ティモシー・オリファントさん演じる47はどんな感じなのでしょう。 なんとなく、なんとなくですよ、声の感じと顔の感じが松平健さんぽいと思いながら観てました(笑)。

あらすじは、
優雅なスタイルと確かなテクニックのプロの殺し屋(ティモシー・オリファント)は、首の後ろのバーコードの刺青から“エージェント47”という名前で知られていた。淡々と殺しを重ねる“47”の前に、ある日ロシア人の売春婦ニカ(オルガ・キュリレンコ)が現れる。(シネマトゥデイ)

ヒットマン
http://movies.foxjapan.com/hitman/

そんなわけでゲームはまったく知らないのですが知らなくても映画的には問題ないです。 ここからの感想には少しネタバレが入ってしまうと思うので、観ようと思っているかたはご注意ください。

話はよくある展開だし難しいことはありません、殺し屋さんのキャラクターも、良い意味でいかにもという感じなのです、そこにヒロインがからむのももちろんお約束です。

私的にはオルガ・キュリレンコさん演じるあのような女性はとっても苦手で、殺し屋さんが対応に戸惑う気持ちがよくわかります(笑)、普通だと脱ぎそうで脱がないパターンなのにあっけなく裸になってしまいます、わー、でもエッチなシーンは無しです^^; スタイルはよいということは間違いないのですが、やっぱりちょっと好みは違います、おいおい(笑)、アイシャドウだかマスカラが流れる泣き顔はかわいい、わん。

アクションシーンも格闘技に刀に銃器撃ちまくりだったり王道をいってます。 そのなかでもちょっと特徴的だったのは、出だしの残忍な人間爆弾のところと、忍者風な危機管理とあらかじめの仕込みのシーンもちゃんとあったりすることと、電車のホーム下の狭いところでの格闘シーンは、珍しいし面白かったです。 その、殺し屋さんが四人そろったところで、ターゲットの47を三人でいきなり撃ってしまえばよいのに四つ巴になってしまうのは、ちょっと無理があるかなと思いましたが、それぞれが独立した命令で誇り高き暗殺者という点なら、わからないことはないけど予定調和でしたねー。

爆弾や銃器に関しては本物だし薀蓄も語られてその手の好きな人には面白いかも。 そのほかにも細かい描写、製氷機にいきなり手を入れるシーンとか、レストランに予約にいくシーンとか、なんでそんなことする必要があるの、ということが、あとでちゃんと理由があったりするのは、おーなるほど、と関心します。

ストーリーはわかりやすいといいましたけど、ところどころ不可解な展開がないわけではないです、だいたいスキンヘッドにバーコードの男は目立ちすぎるだろうという突っ込みはともかく(笑)、しっかりと見ていれば疑問の多くはあとで解明されるのですが、それでもわからないところが残ります。

暗殺者なのに、目撃者といわれるヒロインを殺すのに街中で銃を抜こうとするのはどうでしょう、彼の所属組織が彼を殺そうとする理由が、単に命令に背いたからということにしても、また、ロシアの内部抗争にともなう組織への依頼に関わること、ということにしても話が通らない感じがします、まあ、そこも孤立の戦士として展開上必要だったということなのでしょうね。

ICPO/国際刑事警察機構とFSB/ロシア連邦保安庁のお国柄の出るやりとりに、最後はCIA/アメリカ中央情報局まででてきますが、CIA登場の布石を見逃すと携帯電話メールのやりとりも含めて唐突な登場でわからないかもしれません。

その前のFSBの捜査官を拉致して無線機で狙撃指令を出させるくだりから捕まるまでの話は、流れで見ているとよくわからないけど(ゲームを知っているとわかるのでしょうか?)、無理やり考えれば、ロシア大統領に関わる陰謀にFSBも関与したというかたちにするため、ではないかと思ったりします。 教会で組織の上層部?と戦うし、大統領が監禁されたことを知っていても殺されるまで警備側が踏み込まない攻撃しないあたりとか、そういう意図に持っていこうという作戦、でも不明(笑)。

最後はICPOを使って自分が死んだことにするわけですが、あそこで家族や愛する人を守るためには他人を犠牲にするという話は、もしかしたらヒロインを守ることに結びつけようとしているのかもしれません。

いろいろ書きましたけど、登場人物のキャラクター設定はよかったし、いかにもワイヤーアクションみたいくない戦闘シーンや武器もよかったし、お色気もきちんとあって、楽しめる映画だと思いました、少なくとも私は楽しかった面白かったです。

愛すべきひとのためなら戦うと無理に理由を考えていた (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.6kg (前回比 +-0.0kg) 体脂肪率 21.6% 9006歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.6kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 22.1% 8081歩

Photo

思い立って仕事帰りに、東京は阿佐ヶ谷の Asagaya/Loft A にイベントを見に聞きにうかがいました、会場では画像のようにビールにキャベツだけ(笑)をいただいて、帰宅後エビグラタンを1/4とサラダを食べました。

絶望から希望へ Asagaya/Loft A
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/index.html

いちおう量はセーブしたので体重は減る方向だと思ったのですけど、少し増加してしまいました、どうやらおやつ用としていただいたクッキーの食べすぎが原因のようです、うむ、間違いない。 やはりお菓子や間食は(もちろんお酒もだけど)よくない、ということなのです、いやーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのおひる カップヌードルレッドカレー

きょうのおひる カップヌードルレッドカレー

カップヌードルカレー35周年記念の限定味な、カップヌードルレッドカレーをいただきました。 トマトと赤唐辛子のレッドスープに、ナゲット風チキンやインゲンなど少し変わった具の入った、ほどよい辛さの美味しい味でした。

日清CUPNOODLE
http://www.cupnoodle.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.5kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 22.3% 7751歩

きのうは帰宅が遅くなって、夜中に夕食のカレーと謎の鯖?サラダをいただいてしまったので、消化が終わらずに体重は少し増えてしまいました。 やはりアラウンド60のあたりは停滞してしまいますね、これでも三月から考えれば2kg近く減ったのですけど、加齢による体型の変化に負けています、東山さんにはなれません、なろうとしているのか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのおやつ 薄皮黒糖饅頭

きょうのおやつ 薄皮黒糖饅頭

静岡県にある土井製菓さんの「薄皮黒糖饅頭」です、皮にも餡にも沖縄の黒糖をたっぷり使った一口サイズのお饅頭です、美味しゅうございます。

土井製菓のホームページ
http://www.doi-seika.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クローバーフィールド/HAKAISHA

Cloverfield
(C) 2008 Paramount Pictures. All rights reserved.

「クローバーフィールド/HAKAISHA」という映画を観てきました。原題も「CLOVERFIELD」です、タイトルの意味がよく分からないのでネットであれこれ検索してみました。

ひとつは、「放射能標識」と呼ばれる放射性物質や放射線が発生するような場所につけられている「三つ葉」のようなマークから「Cloverfield」は「放射能地域」みたいな意味だという意見がいくつかありました。

もうひとつは、以下の監督のマット・リーヴスさんへのインタビュー記事の終わりの方に名前についての質問があって、それによると、プロデューサーのJ・J・エイブラムスさんの古いオフィスがあった「Cloverdale」という通りを間違えて「Cloverfield」と理解していて、それをそのまま映画のプロジェクトにつけていたものが、そのままタイトルになった、とあります。

LAist Interview: Matt Reeves, Director of Cloverfield
http://laist.com/2008/01/09/laist_interview_88.php

記事が本物ならこちらが有力だと思いますが、放射能の可能性も内容的にはありえるので両方をかけている可能性もありますね、わけのわからないもの、のタイトルとしては正解なのだと思います。 ちなみに邦題の「HAKAISHA」はJ・J・エイブラムスさんのご指名だそうです。

あらすじは、
とあるニューヨークの夜、日本への転属が決まり、赴任することになったロブ(マイケル・スタール=デヴィッド)のために、大勢の仲間たちがサプライズ・パーティーを開く。そのパーティーの最中、突然、とてつもない爆音が聞こえ彼らが屋上へ行くと、まるで爆撃を受けたかのようにニューヨークの街がパニックに陥っていた。(シネマトゥデイ)

クローバーフィールド/HAKAISHA
http://www.04-05.jp/

何も情報なく観るほうが間違いなく面白い映画です、あー、画面がやたら揺れるのでその手に弱い人は気をつけましょう、という情報はしっておいたほうがよいですね(笑)、今回は10人近くで一緒に観たのですが、数人が気持ち悪がってましいた。

普通の人がハンディカム(ハンディカムはソニーの登録商標です)で撮影した記録映像のような作りになっているので、その手法で有名な「ブレアウィッチ・プロジェクト」と比較されますが、その表現方法が似ているだけで質も内容も全然違います。

実際にはどのように撮影されているかわかりませんが、映画が始まってパーティの場面までは、CGの合成はほとんどなく、まさにハンディカムでの撮影のように思います。

そのあと大騒ぎになった以降は、たとえば予告編で流された自由の女神の頭が吹っ飛んでくるシーンなど、もちろんCG合成なのですが、人々や近くにあるものなどはどう見てもハンディカムで撮っているような動きの画像です。

ブルーバックや画面に重ねて、3DにモデリングしたCGを複数のレイヤーで合成するわけですが、カメラの位置や画角が絶えず変わるのに違和感なくCGを合わせるのは、マッチムーブ(Match Move)と呼ばれる技術が使われているようです。

撮影された画面にいくつかポイントを設定して、それがフレーム単位でどの位置に移動しいているかを解析し、カメラがどのように動いたかを取り込み移動をデータ化するそうです、それにアニメーション出力機能のある3Dソフト、この映画では Maya というソフトウエアを使用したそうですが、でそのデータ化された動き同じようにCGを動かして合成するそうです。

文字にすると簡単ですが、きっととっても手間のかかる作業だと思います、わー。

と、観てすぐに気になった二つの点、タイトルと撮影方法に関して書いただけでお昼休みを費やしてしまったので、感想はとっても簡単に(笑)。

簡単にいうと謎の怪物がニューヨークを襲うという話です、日本映画のゴジラと同じ、というかインスパイアされて作られています、そこにストーリーの展開のために、愛する人を助けるという行為が加わります、さらに悪とか正義とかはありません。

で、映画はとってもとっても面白かったです、アマチュアカメラマンのような映像ですが、ひじょうに緻密に考えられていて、最初から最後まで記録映像のように作られているにも関わらず、布石もあり仕掛けもあり、あらゆる場面が考えられて作られています。 始めのパーティシーンでキャラクター紹介を兼ねつつ少し笑いもあったのと、途中で揺れる画面を休憩させるため(笑)の地下鉄内のシーン以外は、最初から最後までずっと肩に力が入った緊張感が続く素晴らしい映画でした。 観ているあいだは、混乱のニューヨークを目の前にして、まるで自分が走っているような気分になれました。

高層ビルの上り下りとか、そりゃ無理だろうとかいう点もないわけではありませんし、最後は怪物のお腹の映像で終わるかと思ったとか(笑)、そんな話題も含めて、鑑賞後の居酒屋が楽しかったのは言うまでもありません。

恒例の日本人スタッフ探しは、Foley Artist というお仕事で Goro Koyama さんというかたが参加してらっしゃいました。 この Foley Artist というお仕事が辞書に無くって分からなかったのですが、日本で言う音響効果(SE/Sound Effect)さんという意味だそうです、ドアの音とか自動車の音とか効果音を付けるお仕事ですね、初期の有名な音効さん「Jack Foley」さんの名前が由来だそうです、とりびあー。

ハンディカム越しに見たラブ テープには残ったけれど記憶にはない (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.4kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 22.1% 13256歩

おとといはバトミントン中のカウントも入っていたので歩数が二万歩を超えてました、きのうは朝から「ぐりーんうぉーく多摩」という近所のショッピングモールに買い物に行っていたので、やはり歩数が多く一万歩を軽く超えました。

ぐりーんうぉーく多摩
http://www.gw-tama.jp/

朝から行動すると一日が長いですね、夕食もしっかり食べた割には一日歩いていたおかげで体重は少しだけ減少しました、いつものように月曜病ですが(笑)、今週も元気に頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.4kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 22.1% 13256歩

おとといはバトミントン中のカウントも入っていたので歩数が二万歩を超えてました、きのうは朝から「ぐりーんうぉーく多摩」という近所のショッピングモールに買い物に行っていたので、やはり歩数が多く一万歩を軽く超えました。

ぐりーんうぉーく多摩
http://www.gw-tama.jp/

朝から行動すると一日が長いですね、夕食もしっかり食べた割には一日歩いていたおかげで体重は少しだけ減少しました、いつものように月曜病ですが(笑)、今週も元気に頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.4kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 22.1% 13256歩

おとといはバトミントンの最中も歩数をカウントしていたので数字が大きかったのですが、きのうの一万歩オーバーは、朝から奥さんの人と一日買い物をしていたからです、「ぐりーんうぉーく多摩」(ひらがな表記だそうです)というご近所のショッピングモールへ行きました。 土曜日に壊れたレンジを新品購入したお店に引き取ってもらったり、新しいお家用に気が早いけどガーデニングのプランを立てたり、お昼ご飯食べて、奥さんの人のリクルートスーツ(笑)を買ったり、早起きしたおかげでいろいろとできました。

ぐりーんうぉーく多摩
http://www.gw-tama.jp/

夕食は、新しいそのレンジで焼き鳥(笑)を作ってみました、結構、いやかなり、美味しくできましたよー。 食べすぎたけど体重はちょびっとだけ減りました、今週も元気にまいりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.5kg (前回比 +0.6kg) 体脂肪率 22.3% 20171歩

きのうの午前中はひっさびさにバトミントンをしました、ガットを少し強めに張り替えたのですけど、感じはよかったです、でも、きょうは少しカラダが痛いです(笑)。

それなのに体重が増加したのは、別に記念日でもなんでもないのに、自宅での夕食がお寿司にピザという妙な豪華さで、それにワインなども呑んだからです、ちょっと食べすぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.9kg (前回比 -0.3kg) 体脂肪率 22.0% 12213歩

わー、ひさびさに59.9kgと60kgを切りました(嬉)、じつに2006年12月ぶりのアンダー60kgです、すんごい前ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.2kg (前回比 -0.4kg) 体脂肪率 22.0% 12468歩

きのうはお友達とライブに行きました、そのまえに軽く夕食を、っていいながら、しっかりとイタリアご飯をいただいてしまいました。 ビールも何杯か呑んだので体重は増加の方向で、と思っていたけど減りましたねー、不思議です。
また、体重増加の週末を向かえますが、今週末は意識をして何とか60kg以下にしたいですわん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.6kg (前回比 +0.6kg) 体脂肪率 22.6% 11850歩

きのうはお仕事帰りにレイトショーで映画を観てきました、そのまま感想飲み会に突入しまして、とっても楽しかったのですけど、飲みすぎ食べすぎモードに入ってしまったため体重は増加でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

抒情の奇妙な冒険

Jojou

歌人/笹公人さんの第三歌集「抒情の奇妙な冒険」を拝読させていただきました。

ハヤカワSFシリーズ Jコレクション
笹 公人 「抒情の奇妙な冒険」(じょじょうのきみょうなぼうけん)
定価(本体1300円+税) 株式会社 早川書房

本編の前半で詠まれている短歌は、たとえばウルトラマンを小学生でリアルタイムで見ていた時代的にはまさに私の世代のお話だったりします。 そのウルトラマンに登場した怪獣ジャミラの短歌が48ページにあります。

泣き濡れてジャミラのように溶けてゆく母を見ていた十五歳(じゅうご)の夜に (笹公人)

添えられている「とり・みき」さんのイラストも、私たちが丸首のセーターを頭からかぶってジャミラの真似をして遊んでいたことなどを思い出させて、さらに、肩をすくめているようなその姿は、落ち込んでいる様もあらわしているのですね。

ジャミラは宇宙飛行士が水のない惑星に遭難し、そこで身体が変化してしまった怪獣で、最後はウルトラマンの水流攻撃で退治されてしまうのですが、そのことを知った上で読むとさらに深い思いがただよいます。

私が小学生の時に放映されていて、笹さんにとっては決してオンタイムな話ではないものを、まるでその時その場で見ていたようなリアル感があるのです。

年齢を詐称しているか幽体離脱して昔にもどったかのように、今となってはノスタルジーと呼ばれてしまう過去を、私たちの世代と同じ、いいえそれ以上に感じて表現しているところが、笹さんの笹さんらしいところだと思います。

それを単なるノスタルジー、懐かしむ気持ちにするだけではなく、そこから今につながる思いを短歌に詠んでいるのです。 歌集の流れも、先人に憑依した過去から自分の過去そして現代から未来に向かって進んでいき、それぞれの世代が感じる思いを今に甦らせてくれるのです、でもそれは世代固有のものではない普遍的な思いなのですね。 巻末の栗木京子さんの解説と笹さんのあとがきを読むとそのあたりことがよくわかります。

夕ぐれの商店街ですれちがうメトロン星人ふりむくなかれ (笹公人)

ウルトラセブンに登場するメトロン星人の短歌も同じページにありました。 名場面と言われた、夕暮れのウルトラセブンとメトロン星人との戦闘シーンを知っている世代には、夕ぐれの商店街だけで情景が浮かびますが、たとえ知らなくても何か伝わるものがあると思います。

僭越ながら私もメトロン星人で作った短歌があります(少し改作)、メトロン星人で短歌を詠んだのはきっと世界で二人だけですね(笑)。

全世界敵にまわしても君が好き 思い知ったかメトロン星人 (天国ななお)

メトロン星人は、周りの人間が全部敵に見える結晶体を使って人間同士を争わせ人類を自滅に追い込もうとするのですが、その話を知らないとまったく意味が分からない、知っていても意味がわからないと思いますが、そこがやっぱり大きな違いなのですね。

あー、ちょっと褒めすぎかもしれません(笑)、でも、歌集は世代ごとに各章になっているので、わかるところからでも大丈夫です。 

タイトルはもちろん、荒木飛呂彦さんの漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の洒落なのですが、中身は決して洒落ではなく、笹ワールドが広がっています。 よろしかったらぜひぜひ手にとって自分のノスタルジーから読んでみてください、懐かしいだけでない何かをきっと感じることができると思います。

しのびよる闇に背を向けかき混ぜたメンコの極彩色こそ未来 (笹公人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.0kg (前回比 -0.2kg) 体脂肪率 22.8% 9096歩

きのうも自宅でごはんでした。
スパゲッティペペロンチーノにサラダと新じゃがのピリカラ煮?で、量が多かったのでスパゲッティは半分だけいただいて、もちろん平日の自宅なので、お約束どおりビール等のお酒は呑みませんでした、えらーい(笑)、おかげで体重はジャスト60kgです。 50kg台までもう一息なのだけれども、きょうはレイトショーで映画を観てそのあと飲み会なので、はたしてさてはて(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真短歌部 放課後

Afterschool

加藤千恵さんの短歌とタクマクニヒロさんの写真がコラボレートした、「写真短歌部 放課後」を拝見しました。

加藤千恵 タクマクニヒロ 「写真短歌部 放課後」
定価(本体1500円+税) 雷鳥社

誰もがイメージでもっている放課後の風景、でも、いざ思い出そうとするとそれはとてもあいまいであやふやで、漠然としているんじゃないかと思うんです。

それを、タクマクニヒロさんの写真は明確にさせてくれてくれます。 それも単に映像としてだけではなく、静かな放課後なのだけれども、耳をすませば聞こえてくる窓を揺らす風の音や遠くの部活の声など、そのときの空気感までよみがえらせてくれるのです。

そうしてその放課後のその場所で感じた気持ちや思ったことを、同じように加藤千恵さんの短歌が思い出させてくれます。 どちらかというと、せつなかったけど、楽しかったことも悲しかったことも。

いい大人になってしまった私には、どうしても懐かしいという言葉になってしまうけど、それはもちろん心地よい懐かしさで、あのころにはもどれないけれど、読んでいるあいだはその放課後の空気の中に浸れるような。

卒業アルバムのように、ときどき開いてみたくなる本だと思います。 本屋さんでは写真集のところにあることが多いと思いますが、ぜひぜひいちど手にとってながめてみてください。

ありえないほど笑ってる放課後をいつまで覚えていられるのかな (加藤千恵)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The FEAST/ザ・フィースト

Feast
(C) 2006 The Weinstein Company, LLC. All Rights Reserved.

「The FEAST/ザ・フィースト」という映画をみんなで観てきました、原題は The のつかない「FEAST」です、日本語の意味は「ごちそう」とか「祝宴」とかになるそうですが、この場合どう解釈するのがよいか、本編を観ても、うにゅー、よくわかりません(笑)。

あらすじは、
常連客で賑わっている広大な荒野のテキサスにあるバーに、突如ショットガンを持った血まみれの男が現れ、バーの封鎖を指示する。男の正体はわからないが、素早くて残虐な“何か”が迫ってくると叫び、その手には怪物の頭が握られていた。ほどなくして男が窓際に立った瞬間、窓から伸びた“何か”によって男は殺されてしまう。(シネマトゥデイ)

映画『The FEAST』OFFICIAL SITE
http://www.feast-movie.jp/

日本向けトレーラーを見ると明らかにただ怖いだけのホラー映画ではなく、怪しいお馬鹿なB級映画の気配が満載ですが、以下のアメリカでのDVD宣伝サイトのムービーだけ見ると、かなり怖い本格的なホラー映画に見えるから不思議です。

Feast
http://www.feast-movie.com/

で、実際はどうかというと、本格的でありながらお馬鹿なホラー映画でした、褒めてます(笑)。

得体の知れない怪物が人間を襲う、という基本中の基本の設定にあって、どちらかというとその基本の流れを、王道をことごとく外していくすばらしい映画です、わー。 ネタバレになってしまいますが(先を読む人はご注意を)、いかにもなヒーローが登場しますが、真っ先にやられてしまうし、子供はやられないなんていうジンクスもあっというまに覆される、やられるーと思うところではやられないけど、え?、という感じでやられてしまったり、簡単に逃げてしまったり、その武器や作戦はなに? と、もう怪物以上にむちゃくちゃです。

足は切られちゃうし目玉は抜かれちゃうし、血だらけだしゲロだらけだし、グロいといえばかなりグロいのですけど、笑えるシーンも沢山あります、英語が分かるとその会話もさらに面白いのでしょう、登場人物紹介(もう、みんな変わった人たちばかり)のテロップの日本語訳も含めて、字幕もかなり面白く訳されていて楽しかったです、自分を「小生は」なんて言うアメリカ人はいませんよー(笑)。

怪物の登場するシーンはカメラが揺れまくりでわざとなんだかよく分からないのですが、外での交尾? は遠目でしっかり分かったり、あっというまに子供が生まれちゃうし双子だし、何故か扉をキムタク(おち○ちんともいう^^)で突き破ろうとしたり、同じくかなり変なのです。

観終わったあと、さすがにぐちゃぐちゃしたメニューは頼みにくいですが(笑)、居酒屋とかでみんなで語り合うにはぴったりの映画でした。

恒例のエンドロールでの日本人風クレジット探しは、Tadahiro Nakamura さんという人を Stunts の項目で、Hiro Koda さんという人をその、Stunt Coordinator で発見しました、アメリカの Yahoo では細かいクレジットまで出ているので、確認ができて便利です。

怪物は人を食べると決まってる、決まっているよ、決まっているさ (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.2kg (前回比 -0.3kg) 体脂肪率 23.0% 8282歩

きのうも自宅でご飯でした、健全健全(笑)。
鮭のムニエルと新玉ねぎとごぼうのサラダにほうれん草?のおひたし、飲み物は野菜ジュースでお酒はもちろんなしです。 私にしてみたら比較的早い夕ご飯だったし、おひるの間食もなかったから体重はまた減りました、ひさびさのアンダー60kgが見えてきてちょっと嬉しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃えよ!ピンポン

Pingpong
(C) 2007 Focus Features LLC and Intrepid Pictures LLC. ALL Rights Reserved.

「燃えよ!ピンポン」という映画を観てきました、原題は「BALLS OF FURY」です、激怒のボールたち、というよりも「ドラゴン怒りの鉄拳/Fist of Fury」のタイトルからとっているそうなのですが、内容は「燃えよドラゴン」のピンポン版でございます。

あらすじは、
場末のカジノでピンポン曲芸を披露している元天才卓球少年のランディ(ダン・フォグラー)に、FBIから秘密の指令が下る。裏社会で極秘に行われる卓球大会を潜入捜査するため、彼は盲目の卓球名人に弟子入りして腕を磨く。猛特訓の末、ランディは出場権を獲得するが、その大会は敗者は殺害される過酷なデスマッチだった。(シネマトゥデイ)

映画『燃えよ!ピンポン』
http://www.moe-pin.com/

前に観たスポーツ系コメディ映画の「俺たちフィギュアスケーター」のギャグと比べると、説明の必要のない万人に受ける分かりやすいギャグより、少し一捻りされていたり民族的なギャグとか、いろんなものが満載しています。

「燃えよドラゴン」のパロディはもちろんのこと、ちゃんと後のギャグにつながる布石のギャグが沢山あって、シリアスなアクションシーンや真面目なキャラクターと、冗談のようなキャラクターや展開が混在しながら、話が進むのが面白いです。

ときどき分からないギャグがあっても、突っ込む間は与えられてなく、テンポよく話が進みます(笑)、主人公が強くなるために修行が行われるのですが、その描写では全然強くなってないので、このままで大丈夫かと思ってしまったり、どうなの? という所もあるのですが、そのテンポのよさでほとんど(笑)気になりません。 ワイヤーアクションやCGの使い方もよく(エアーピンポンにボールを書き込んだような^^)映画をさらに面白いものにしています。

たぶん、ギャグ元の映画を知っていたり、アメリカンジョーク(笑)が分かると、さらに楽しいのでしょう、でも、かなり毒のあるギャグもあったりするので、好き嫌いはちょっとあるかもしれませんね。 ちなみに出演しているマギー・Qという女優さんは、ツンデレ系(使い方あっているかな)で好きだったりします。 FBIの彼がFBIというより007のような雰囲気をかもしているのもおかしいです、このあたりもかなり茶化しているのでしょうね。

くりかえされる「ディズニーランドへ行きたいなー」というフレーズに、大会開催場所がジャングルクルーズみたいなところだったりとか、お金が無くって特売だった女性のコロンを使っていると何度も言われたりとか、この手のギャグがOKな人にはお勧めの映画ですよー。

やめようと言われてもまだ打ち返すラリーは僕から終わらせないよ (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.5kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 23.4% 12920歩

土曜日はそれまでの嫌な予感が的中して、微熱と喉の痛みの風邪引きさんになりました。
こんなとき、変に野生児な私は栄養をとってひたすら眠るということで回復をはかります、夜に参加予定のイベントもキャンセルさせていただいて、ひたすらひたすら眠ってました。 おかげさまで、もともとひどくなる前だったので日曜日には熱も痛みもかなりおさまりました。
もしもおさまらなくても意地でも参加予定だった、日曜日の昼間は人妻になったアイドルたらちゃん(笑)宅にお邪魔して、料理にお酒にと、楽しい時間をすごさせていただきました、ありがとうございます。
夕方には解散だったので、普段ならそのまま勢いで誰かをお誘いして呑みに行くところですが、弱っているのには違いがないので、ちゃんと家に帰ってまたすぐに眠りましたよー。

きょうは風邪というよりいつもの月曜病のほうがつらいかも(笑)でも頑張るわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.4kg (前回比 -0.2kg) 体脂肪率 22.4% 2401歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.6kg (前回比 -0.2kg) 体脂肪率 22.4% 22299歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッド・サイレンス

Deadsilence
(C) 2007 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

「デッド・サイレンス」という映画を観てきました、原題もそのまま「DEAD SILENCE」です。 ソリッド・シュチュエーション・スリラーというよくわからない肩書き(笑)の映画「SAW/ソウ」を生んだジェームズ・ワン監督さんと脚本家のリー・ワネルさんが再び組んで作った怖い映画です。

あらすじは、
ジェイミー(ライアン・クワンテン)とリサ(ローラ・リーガン)夫婦の元に差出人不明の小包が届く。開けてみると、そこには腹話術人形が入っていた。人形を部屋の片隅に置き、ひとりで外出したジェイミー。その間、部屋に残った妻は舌を抜かれ死亡していた。ジェイミーは腹話術人形と妻の死につながりがあると直感するが……。(シネマトゥデイ)

デッド・サイレンス
http://www.dead-s.jp/

もう腹話術の人形ということだけでも怖いのに、開始早々に、あー、よせばいいのに、ということをしてしまい、やっぱりー、という結果になってしまうのです、初めから怖さを出し惜しみせずに、まず変な怖い状況を見せつけて、映画の世界に引き込むのです。

SAWと同じでネタバレを知ってしまうと面白さが半減してしまうので、細かいことは書かない予定ですが、これから観ようという人はそれでもご注意を。 お得意の大どんでん返しがもちろん待ってます、SAWのつもりでかまえて観ていても簡単には想像できないと思います、私はやっぱり驚きました(笑)。

怖さを演出するのはお得意なのでもちろんのこと、今回、やばい状況になる前触れとして、いろいろな音が、昔で言うレコード盤をゆっくりと止めるような、といっても分からない人がもう多いですね^^;、えーと、だんだんと音程が低くなって、ぐーっと止まって静かになるのです、すると何かがやってくるのです。 突然くるより逆に怖いです、途中で主人公もそれで来るぞーと身構えるようになるのがよくできてます。

それがデッドサイレンスというタイトルの意味に、腹話術の人形は自分では話せないということと、ポスターにある「YOU SCREAM, YOU DIE.」に関わる部分などがかけてあるのです、深いです、って普通はすぐに気が付くのですね(笑)。

脚本がよくできているので、物語の流れに関してはちゃんと理由があります、たとえば主人公の出身地と関係ない奥さんの人がどうして始めに殺されてしまうのとかもそうです、同様に街で生きている人と殺されてしまった人の違いや、主人公が出身地を離れて生きている理由とかも、途中で語られるので分かります、もちろんそれも結末を知ってなるほどー、ということになるのですが。

あー、SAWと同じように言いたいことが沢山ある映画なのですが(笑)、このくらいにしておきますね。 ちなみにジグソウ人形の顔も映画に登場しますよー。

ねえ誰か僕の代わりに「好き」だって言ってよ横で見ていたいから (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.8kg (前回比 -0.2kg) 体脂肪率 22.8% 11641歩

きのうはひさびさの自宅でご飯でした(笑)、あー、笑いごとではありません。
大量の野菜が山積みされていたサーモンのマリネに、もう少しマッシュされていてもよかったけれど美味しかったポテトサラダに、何故かお味噌汁、まだ赤白の合わせ味噌が続いてます。

量はあったけど、おやつのときにパンをひとつ食べてしまったけれど、体重は少しだけ減少しております。 今週末はきょうからイベントが盛りだくさんなので、食べる量も飲む量も多そうですが、ひさびさにアンダー60kgを目指して頑張りたいと思います、おー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.0kg (前回比 +-0.0kg) 体脂肪率 22.4% 9672歩

ココログにもアクセス解析が設置されているのですが、今朝の2時から今まで、何故か毎時間250アクセスぐらいあった、と表示されています、まだ細かく見ていないけど、なんか気持ち悪いです。

きのうはおバカな映画鑑賞のあと飲み屋さんで映画話に盛り上がって、とても楽しかったです。 おまけにDVDまで貸していただいたので、早速見たいと思ってます、わーい。

前回も行った昭和レトロな居酒屋さん「銀座カンカン」で遅めの飲み食いだったので、体重は変化なしです、あー、でも、変化無しでよかったかも(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Sweet Rain 死神の精度

Sweetrain_poster_02
(C) 「Sweet Rain 死神の精度」製作委員会

「Sweet Rain 死神の精度」という邦画を観てきました、伊坂幸太郎さんの小説「死神の精度」が原作になってます。

あらすじは、
死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに7日前に現れ、その人を1週間観察し、その生死を判断すること。雨男の彼はその日も雨の中、7日後に死を迎えるはずの27歳の会社員一恵(小西真奈美)が現れるのを待っていた。やがてメーカーの苦情係として働き、疲れ果てて仕事を終えた彼女が姿を見せ……。(シネマトゥデイ)

Sweet Rain 死神の精度
http://www.shinigaminoseido.jp/

金城武さんは、2001年に発売されたPS2のゲームソフト「鬼武者」の主人公のモデルになっていて、顔や動きなどCGのキャラクターに反映されていて、もちろん声優としてご本人がしゃべっているのですが、これが、あー、申し訳ないのですが、かなり棒読みの台詞回しで、他の声優さんとのあまりの落差に倒れそうになったのを覚えています。

実際の映画ではどうなのだろうと少し心配していたのですけど、その死神としてのキャラクターにぴったりの口調で、まったく問題ない以上に、とてもよかったと思いました、ほっ。

原作は六つの短編になっているそうで(ごめんなさい未読なのです)、そのうちの三編を対象となる人間を絡めて通しのあるお話にしています。 特にネタバレは書かない予定ですが、これから観る予定の人はご注意ください。

1985年、2007年、2028年という三つの時代のお話だそうです。 私が見落としている可能性が大きいのですけど、作品の中で年を特定できる表現は無かったように思えます。 特定する必要はないし、いちおう街の感じや小物や大物(笑)でなんとなくそのころだという感じは分かるので問題ないのですけど。 ちなみに一番分かりやすいところでは携帯オーディオプレイヤーが、ウォークマン II から iPod になった部分だったりします、でも、1985年だとまだCDとLPが半々ぐらいの時代でレコード店の描写がCDに偏っていたのがちょっと気になったりしました、調べてませんけど、ナカミチとかの店頭視聴用CD連装機はもう少しあとの登場だったのではないかなー(笑)。

その意味では、2028年のお手伝いさんロボットは、いくら未来を暗示させるにしても、ちょっとやり過ぎだったのではないでしょうか、結局ストーリーとは直接関係なかったし、原作では登場していたのでしょうか? 学校のシーンとか未来っぽくないし、マルチ液晶ディスプレイみたいなものは映っていたけれど、もう少しリアリティのある小物で未来感を出しておいて、それでも主人公は手で髪を切っている、CDラジカセも含めて昔を大切に生きているという表現でもよかったのではないかと思いました。

とはいえ、そのあたりの細かいことは実はどうでもよくって、時代を超えた死神と人間との関わりから、死とは誰にでも訪れる特別なことじゃない、逆にいえば、生きるということも特別なことではないけれど、とても大切なことなんだ、と伝わればこのお話は成功なのです。

小西真奈美さん演じる一恵は、劇中で言われるような醜いことはもちろんないのだけれど(笑)薄幸な感じはとてもしていました。 ご本人が歌うテーマソングも途中まではイントロまでしか流れずに、最後になってその歌声が流れる演出はよかったと思います。

富司純子さん演じる未来のかずえの性格やしゃべり方が昔とかなり違っているのも、その間の人生で性格が変わったという表現だと思えば納得できないことではないし、生きていれば悪いことも良いこともいろいろあるんだ、でも最後は幸せに終わることができるよ、ということを伝えるハッピーエンドの布石にはなっていたと思います。

黒いワンちゃんとの掛け合いは、始めは、えー、と思ったけれど(雨に濡れてかわいそう)、だんだんと慣れてしまえば気にならないし、「実行」(死)か「見送り」(生)を決めるときの会話で、「まあな」と答える死神の返事の軽さと、改まって相手に聞く「君は、死ぬことについてどう思う?」という台詞は、逆に「生きるってどういうこと?」とたずねていることにもなって、対照的でよかったかも。

すべるギャグも楽しみつつ、金城武さんの死神を楽しめれば、終わったあとにほんわかした気分になれる映画です。

人生でまさに一番楽しいの 今よ死神 むかえにきてね (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.0kg (前回比 +0.3kg) 体脂肪率 22.3% 12944歩

きのうの映画の日記は、もうお分かりだと思いますがエイプリルフールネタです、ごめんなさい。
お昼休みに、思いつきでストーリーを想像して、その感想を書いてみました。 実際に日本映画で「初恋」というタイトルの三億円事件を扱った映画がありまして、画像とリンクはそちらを使わせていただきましたが(あわせてごめんなさい)、内容は私のオリジナルです。

きのうは寄り道をしてしまったので、体重は少し増加してしまいました、きょうは映画部(笑)でお馬鹿系な鑑賞会がありますが、そのあとの飲み会はセーブしたいと思います、できるかな^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初恋

Hatsukoi_04
(C) 2006ギャガ・コミュニケーションズ

「初恋」という映画を観てきました。 同じタイトルの映画がいくつもありますが、こちらはちょっと変わった日本映画です。

あらすじは、
彼(吉岡克也)が50歳になる誕生日の朝に目覚めると、子供のころ願っていた超能力がなぜか突然備わっていた。その力を使い彼は家族に内緒で初恋の彼女(北山夕子)を探しに時間と空間を越えいく。彼女を知る中学時代の友達の元へ飛びその消息を追うが、果たして彼女は……。(シネマトゥデイ)

初恋
http://www.hatsu-koi.jp/

今回はストーリーを含めてネタバレを書いてしまうと思います、どうかご容赦くださいませ。

目覚ましが鳴り、主人公の彼がそれを止めた瞬間に、なんだか分からない力を得たということが、ただベッドから抜け出たあとに家族に「おはよう」ということだけで表現できていて、それが見ている観客にも伝わってしまうところが、すでに超能力なのかも知れない、と思えるほどすばらしいオープニングと演技なのでした。

そのまま仕事に出かける彼をドキュメンタリーのようにカメラは追うのですが、通勤途中や仕事中のささやかな出来事で、彼の持つ能力を提示していく手法は、自然な形で伝わって、特にコピー機のくだりなどは秀逸でした。 CGを感じさせないで超能力を表現するのは難しいと思うのに、それを平気にやってしまうスタッフの技量もすごいです。

そのおかげで、帰宅途中の居酒屋を出たときに唐突に中学時代にワープをしても、まったく違和感がありませんでした。 昔にもどって引っ越してからの彼女の生活を、彼女と仲良しだった友達の気持ちを読むことから追いかけ、順に時代をさかのぼり、彼女を取り巻く人たちの記憶から、だんだんと今現在の彼女に近づいていくのは、なぜ直接彼女の元へ飛ぼうとしないのか、っという疑問を持たせつつも、サスペンスのような展開で画面に引き込まれます。

そして彼女の結婚式までたどり着いた彼は驚きの事実を知るわけです、それは観ている私たちにも本当に驚きなわけですけど、映画の中の彼は決して慌てることなく理解をし、居酒屋を出たところから現在にもどってきます、まさかそのまま普通に家に帰る展開になるとは思いませんでした。

「ただいま」と帰宅してから夕食のシーンまでの間で、画面上ではまったくそんな描写はないのですが、誰もがみんな気がつく、あー、今の奥さんが彼の初恋の人だった、って。 そのもっていきかたが、普通の家族団欒な風景なのに感動を呼び涙を誘うのです。

最後に、二人の出会いの疑問を確認するため奥さんの心を読もうとする彼より先に娘(宮崎あおい)が、返事を口に出して答えるシーンは、賛否両論があると思いますが、私はよかったと思います。

時々入るフォークギターのカッティングだけの音楽、話の合間のキレのよいオヤジギャグ(笑)も含めて、物語も映像もここ最近観た洋画邦画の中でも一番よかった映画でした。 短館上映なので観る機会をつくるのは難しいと思いますが、映画好きな人はぜひぜひ観ていただきたいと思います。

そうそう、何故か逆回転しているエンドロールは必ず最後まで観てくださいね、もうひとつの驚きと、明るくなったときに自分を含めて観客のみなさんの笑顔を見ることができますよ。

てしるゆてっ らわたしまみて いかうょひが いえきちんいで るーふるりぷいえ (天国ななお)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.7kg (前回比 -0.6kg) 体脂肪率 23.0% 10874歩

毎年、エイプリルフールの体重は嘘を書いていたのですけど、今年はちゃんと正しい数字を書いてます(笑)。
きのうはレイトショーで映画を見てきたせいもあって、帰宅が夜中になってしまったので、食事はスープとほうれん草のおひたしをいただいただけにしたので、体重が減ったのでした、もちろんお酒も飲んでいないので、その分の影響も大きいのかと思います。 飲むときに大量に飲んでしまうのがやっぱりよくないのですよね、でもやめるなんて無理無理(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »