« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

今年は(僕としては)映画をたくさん観たのです。

今年の目標はいくつもあったのだけど、できたことできなかったことのなかで、劇場での映画鑑賞は目標以上に達成できました。

それは映画好きな友達が増えたせいもありますが、ひとつ観るとまたひとつ観たくなるんです、一人で観たり、大好きな人と一緒に観たり、とても楽しい時間を過ごせたと思います。

最後に観た四作品の感想はまだUPできていませんが、すべてに感想を書けたのはちょっと頑張った気がしています。

以下、題名とそれにインスパイア(笑)されて書いた短歌をならべて書いてみます、振り返ると短歌にはそのときの自分の現実の気持ちが結構反映されているなーと思いました、60首ほど書いたので短歌も去年より作っているかもしれません。

来年も今年と同じぐらいな60本ぐらいは映画を観たいとおもいます。
みなさまも、どうぞよいお年をお迎えください。

----------

ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記
宝などホントは無いって知っているふりをしながら宝をさがす

AVP2 エイリアンズ VS. プレデター
目の前のバケモノたちがバケモノを見る目でボクを見てるから 嫌

パルス
失った恋心たち浮遊するあの世とつなぐ深いため息

俺たちフィギュアスケーター
恋愛の対象範囲を同性に広げるだけで確率二倍

スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師
剃刀を二枚重ねて切り裂けば二度と二人は縫い戻せない

未来世紀ブラジル & 不思議惑星キン・ザ・ザ
ハルもなくアトムも居ない未来でもボクとキミとが居るからいいや

フローズン・タイム
まばたきをしているうちにこの恋が始まり終わり 無かったことに

人のセックスを笑うな
笑われていたそれだけでうれしくてなんどもなんどもころんでみせた

潜水服は蝶の夢を見る
そらさずにずっとみつめていたいのにあふれるものでゆがむきみのかお

デイ・ウォッチ
太陽も月も見上げるものだけど 照らされた君を真っ直ぐに見る

KAMATAKI -窯焚-
誰にでもやさしくせずにそれぜんぶ誰かをやさしくすればいいのに

アメリカン・ホーンティング
身に覚え無くても誰かに祟られることをしたなと寝る前に泣く

ジャンパー
いつまでもジャンプできると信じててカラダの上で何度も跳ねた

バンテージ・ポイント
「だって(ぐすん)そんなこと(えーん)いわれて(わーん)」泣けば有利な立場はずるい

ノーカントリー
時が経つ速度は誰も同じでも僕のが先に年寄りになる

Sweet Rain 死神の精度
人生でまさに一番楽しいの 今よ死神 むかえにきてね

デッド・サイレンス
ねえ誰か僕の代わりに「好き」だって言ってよ横で見ていたいから

燃えよ!ピンポン
やめようと言われてもまだ打ち返すラリーは僕から終わらせないよ

The FEAST/ザ・フィースト
怪物は人を食べると決まってる、決まっているよ、決まっているさ

クローバーフィールド/HAKAISHA
ハンディカム越しに見たラブ テープには残ったけれど記憶にはない

ヒットマン
愛すべきひとのためなら戦うと無理に理由を考えていた

フィクサー
もみ消したはずの気持ちはチリチリと燃え続けてた大火事になった

少林少女
残念なことに才色兼備じゃない人ばかりいる逆だってある

NEXT -ネクスト-
恋愛をシュミレーションして何度でもやり直せても付き合えないね

ペネロピ
豚の鼻見ても驚かなかったら牛のお乳も見せてください

ミスト
風がふき霧がはれたら目のまえの君を誰だか知っておどろく

ランボー 最後の戦場
戦争にいいもわるいもないけれどたしかにぼくはきみのみかただ

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~
黙ってる顔でむちゃくちゃ怒ってることがわかって私も黙る

REC/レック
恋だってあっというまに伝染病みたく君にもうつればいいのに

屋敷女
赤い血が流れているって生きている証拠なんだね バンドエイド貼る

JUNO/ジュノ
妊娠を告げる娘の顔つきが結婚初夜の妻に似て 萌え

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
お宝な君のためなら人生の冒険家にもなれる気がする

ザ・マジックアワー
一瞬のマジックアワーをのがしても心配ないよあしたまたくる

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0
きょうからはニューバージョンになりました勝負パンツを左から穿く

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌
人魚でも哺乳類なら足じゃなくてもいいという男の都合

スピード・レーサー
恋愛も 負けじ魂親譲り走り出したら後には引けぬ

ハプニング
もうすでに出してしまったことなんか後悔してもそこにある白

ドラゴン・キングダム
酔拳といっては呑んでいるけれど強いところを見たことがない

スカイ・クロラ The Sky Crawlers
ブラウスのボタンをひとつはずせたら もっと大人になれたでしょうか?

ダークナイト
どちらかの仮面をつけてみたけれど自分で自分の顔は見えない

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
男って最終的に力だと言えずに技を磨いています

ハンコック
ほんとうは強いんだけど目をとじて水の流れにまかせてみたの

イントゥ・ザ・ワイルド
満天の星を見上げているようなひとりのようなふたりのような

落下の王国
いつまでも落下し続けられたなら飛んでることと同じじゃないの?

ウォンテッド
真っ直ぐな好きの気持ちを曲げてでも一緒にいたい離れたくない

アイアンマン
まわりからどう見えたってかまわない あなたのなかみ知っているから

おろち
ドーンとつい言ってしまったそのあとで唱えてしまうエコエコアザラク

蛇にピアス
名前など呼ぶ必要もないくらい大好きな人と暮らしています

ゲット スマート
彼がいることを承知で懐へ二重スパイのように飛び込め

東京残酷警察
せいかくやかたちがどんなにかわってもあなたであればぼくはだいすき

イーグル・アイ
守られている気がするの携帯にあなたのメール 握りしめてる

レッドクリフ Part I
信頼を力にかえて立ち上がる きみの壁になる守ってあげる

ブロークン
鏡には腫れてる顔が映ってる 昨日とちがう独りの今日だ

リダクテッド 真実の価値
ふしだらをかくせばかくすほど見たい その黒マジックはぎとってやる

その日のまえに
そうしんのメールばかりがたまるので その日がくるとおもってました

1408号室
現実じゃないと思い込みたくてなんどなんどもメールをみてた

ソウ5
泣きそうなこんな状況でもきみは笑ってくれる 救われないよ

ウォーリー
右手でも左手でもいいつないだら指をからめて離したくない

ブラインドネス
キスだけで見えないものを信じられる気持ちを君があたえてくれた

以下は感想と短歌はまだの映画です。

地球が静止する日

ミラーズ

----------

来年はどんな楽しい映画を観ることができるのでしょう、わくわく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.8kg (前回比 +-0.0kg) 体脂肪率 21.1% 17562歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラインドネス

Blindness_galleryposter
(C) 2008 Rhombus Media / O2 Filmes / Bee Vine Pictures

「ブラインドネス」という映画を観ました、原題もそのまま「BLINDNESS」です。

あらすじは、
街の交差点に止まった車の中で、何の前ぶれもなく突然目が見えなくなった男(伊勢谷友介)がパニックに陥る。その後、男は検査を受けるが原因は一向にわからない。しかも彼に接触した者も次々と視界が白くなり、目が見えなくなっていった。そんな中、療養所と呼ばれる隔離病棟が設けられ、発症者は強制的に収容されるが……。(シネマトゥデイ)

映画 『ブラインドネス』 公式サイト
http://blindness.gyao.jp/

真っ白になって何も見えないという表現は面白いと思いました、普通は暗黒になるのですものね。 また、見えないことへの恐怖や苛立ちはよく表現されていたと思います。 見えないということの主観的な描写はあまりなくて、傍からカメラ目線でそれを追って表していることで、一人だけ見えているということの同様な恐怖や苛立ちも同じレベルで表せていたと思います。

監視する目の見えている軍人が、だんだんと変になっていくのは、ちょっと違和感があって、外の人間として機械的に対応するほうが、中の狂気と落差があってよかったかも知れません。

どんどん周りの環境が汚くなっていくのは、街をふくめてリアリティがあったと思います、でも実際は獣道のように通るところだけに物がない、ということになるんじゃないかな。

見えなくなることで外見や職業や肩書きなど表面的なものは消えて、その見えないということを受け入れたあとに素の行動にでるのですが、それが善か悪かは人それぞれなのです。 同様に、見えてることが幸せなのか、ということも考えさせるのですね。

キスだけで見えないものを信じられる気持ちを君があたえてくれた (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォーリー

Walle_galleryteaser1
(C) WALT DISNEY PICTURES / PIXAR ANIMATION STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

「ウォーリー」というアニメーション映画を観ました、原題も同じく「WALL・E」

あらすじは、
西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のピカピカのロボットが現れた。ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、イヴが宇宙船にさらわれてしまい……。(シネマトゥデイ)

WALL・E/ウォーリー
http://www.disney.co.jp/movies/wall-e/index.html

映画を観た娘によいところをきいたら、「だめだめな太った船長がだんだん良い人になって頑張るところ」と「小さいお掃除ロボット」がよかったと言ってました、でも私と違って「感動したけど泣かなかった」そうで、「やっぱりディズニー映画はいい、ハッピーエンドはよかった」とのコメントでした。

ウォーリーの動きが何かに似ていると思ったら、あのチャップリンの仕草に似ているんですね(あとで気がつきました)、無声映画で言葉がなくっても気持ちが伝わるという点もおんなじ、さらに純粋に誰か女性を好きになるところも似ている気がします。

観たあとに大好きな人と手をつなぎたくなる、そんな誰かのそばに居たくなる、とってもとっても素敵な映画でした。

右手でも左手でもいいつないだら指をからめて離したくない (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.8kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 21.1% 16635歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.9kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 20.6% 7526歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.8kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 20.0% 24492歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.9kg (前回比 +-0.0kg) 体脂肪率 21.0% 13793歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.9kg (前回比 +0.8kg) 体脂肪率 22.2% 9841歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.1kg (前回比 -0.7kg) 体脂肪率 20.2% 7086歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.8kg (前回比 +0.8kg) 体脂肪率 22.0% 10275歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.0kg (前回比 -0.4kg) 体脂肪率 20.5% 10435歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.9kg (前回比 +0.5kg) 体脂肪率 18.8% 10848歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.4kg (前回比 +0.7kg) 体脂肪率 20.7% 36404歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.7kg (前回比 -0.7kg) 体脂肪率 21.0% 13401歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.4kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 20.6% 12057歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.3kg (前回比 -0.5kg) 体脂肪率 21.7% 14520歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.8kg (前回比 +0.7kg) 体脂肪率 21.4% 10198歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソウ5

Saw5_01
(C) 2008 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

「ソウ5」という映画を観てきました、原題だと「SAW V」とローマ数字(テキストはブイで代用していますけど)です、日本語のカタカナと数字の組み合わせの見た目はなんか格好悪いぞ(笑)。

映画「SAW5」オフィシャルサイト
http://saw5.asmik-ace.co.jp/

SAW の 1-4 を見た人で、6を見ようと思っている人だけが見る映画だと思います、あー、悪い意味ではないです(笑)。 でも、これだけ見ても映画として成り立ちませんから、もう毎回怖いシーンのある連続ドラマみたいな感じだというとわかりやすいかも。

場所と時間がいろいろ交錯するので、部屋や道具などいままでの流れを伏線としていたり、マニアックに楽しむにはいつも通りによいと思います。 5にかけてあるのか、5人が囚われの身になり、V字型のカッターが登場してます。 最終回に向けて(あ、たぶん最終回ね^^)いままで以上に分からないことだらけで終わってしまいます、次はどこから始まるのでしょう(笑)。

何を書いてもネタバレになってしまうので感想といえないけどこんな感じ、もちろん私は次回もちゃんと劇場で観ます、楽しみにしています。

泣きそうなこんな状況でもきみは笑ってくれる 救われないよ (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.1kg (前回比 -0.7kg) 体脂肪率 20.1% 10896歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.8kg (前回比 +0.8kg) 体脂肪率 21.0% 15810歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.0kg (前回比 +-0.0kg) 体脂肪率 20.1% 20062歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.0kg (前回比 -0.5kg) 体脂肪率 19.5% 11203歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.5kg (前回比 +0.7kg) 体脂肪率 21.4% 7062歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのおひる ダブルクォーターパウンダー・チーズ

ダブルクォーターパウンダー・チーズ

Welcome to McDonald's Japan
http://www.mcdonalds.co.jp/

お仲間さん内で、なぜか美味しいという話題が多い、ダブルクォーターパウンダー・チーズをいただきました。 珍しくセットにしてしまったけど、単品のこれだけで 830kcal あるという品物でございます、名前のとおり、1/4ポンド、普通の2.5倍のパティを二枚も使っているのだから、当然といえば当然ですね。

ケチャップとマスタードという基本なソースで、ピクルスとオニオンスライスがよいアクセントになっております、値段は高いけど美味しいと思いました。

コピーが強気なのがおかしいですわ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.8kg (前回比 +0.2kg) 体脂肪率 21.6% 10858歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.6kg (前回比 -1.1kg) 体脂肪率 22.1% 7978歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1408号室

1408_posterbig
(C) 2007 The Weinstein Company, LLC. All rights reserved.

「1408号室」という映画を観てきました、原題は「1408」です。 チケットを買うときに、「せんよんひゃくはちごうしつ」をくださいと言うのか「いちよんぜろはちごうしつ」みたいに言うのか、その場で悩んで一瞬凍りついてしまいました、あちゃー。 原作はおなじみの巨匠スティーヴン・キングさんです。

映画「1408号室」オフィシャルサイト
http://room1408.jp/

あらすじは、
作家で、アメリカ各地の超常現象などをルポしていたマイク(ジョン・キューザック)のもとに、一通の手紙が届いた。その内容はドルフィンホテルの1408号室には絶対に入ってはならないというもの。好奇心をかき立てられたマイクはホテルに出向き、入るのをやめさせようとする支配人のオリン(サミュエル・L・ジャクソン)を説得し、何とか1408号室に入るが……。(シネマトゥデイ)

この日本のオフィシャルサイトが、狙いとはいえ、とてもイライラします、文章を読んでいても 60 秒を過ぎると画面が Top にもどってしまうのですもの(笑)。

あらすじにある最初の手紙は誰が彼に送ったの(支配人の字だったか)とか、なんであんな部屋になってしまったとかの理由が分からないし、最後の支配人の挙動も不審なのだけど、そんなことはどうでもよいくらい、部屋での展開がやっぱり怖いというか面白いのです。

あきらかにおかしなことが起こる、怪奇現象がくるぞー、って観客にはわかっているのに、それを裏切らないし、それでも楽しめるのは、ある意味すごい映画だと思いました。

ここからネタバレしますよー、見ようと思っている人はご容赦ください。

唐突に流れる、The Carpenters の「We've Only Just Begun」は主人公じゃなくても驚きますわ。 歌詞の内容からいうとお話しに合っているような気もします、歌い出しを引用してみますね。

We've only just begun to live
White lace and promises
A kiss for luck and we're on our way

私たちは人生を始めたばかり
白いレースと誓いの言葉
幸せのキス、そして私たちは歩き始める

結婚式でよく使われる名曲ですが、live を「生きること」として、we're on our way の訳を「もうやりかけている」とすると、物語の始まりとしてはぴったりのような気もしました、無理やりですけど(笑)。

主役のジョン・キューザックさんのやられぐあいがまたよくって、白目をむくのがとても効果的。

部屋が物理的な攻撃をしてくるのではなく、あくまで精神的な幻影を見せ幻聴を聞かせているだけなのだけれども、主人公と同じようにそれを私たちも体験していきます、物が壊れたり怪我をしたりするのは、本当は自分自身で引き起こしていることなのですね、それが分かっていてもやっぱり怖い。

さらに、どこまでが夢だか分からないような、どんでん返しというか展開が、一瞬「なーんだ」と思わせておいてまた「えー」となってしまうのも、持って行き方がお上手なのです。

現実だったんだ、という最後のオチは簡単だけどやっぱり効果的でした。 密室もののサイコな恐怖が好きな人はぜひぜひ。

現実じゃないと思い込みたくてなんどなんどもメールをみてた (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.7kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 20.3% 18942歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.6kg (前回比 +0.3kg) 体脂肪率 19.8% 10897歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.3kg (前回比 +0.3kg) 体脂肪率 22.0% 12771歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.0kg (前回比 +0.3kg) 体脂肪率 19.9% 13982歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五年間って、続いたって言ってもいいのかな。

このココログでのBlog、「お天道様は許しても」 は、2003年12月5日に開設しました、きょうで丸五年になります、わお。 当日の記事は、

ココログ設定してみました♪

@Niftyで開始されたblog「ココログ」を登録してみました。
とりあえずどのように登録されて表示されるか、テストで使用してみます。
どうぞよろしくお願いいたします。

でしたが、どうやら日記はさかのぼって 12/1 から書き込んでいたようです、その一番最初にある記事はこんなの、

ファン心理

電車の中で隣の人の携帯の着メロが鳴ってふと見ると、
着メロは「六甲おろし」なのに
画面には「読売巨人軍」のマークがありました。

なんて、笑うに笑えないネタ(笑)。
そして、誕生日にデブデブと奥さんの人に言われて意を決してダイエットに向けて体重を記録し始めたのが、2004年1月17日でした。

痩せても枯れても♪ 前書き

本日の体重 65.8kg (01/13比 -1.4kg)

体重測定は毎朝起きてからシャワーを浴びたあと測っています。
体重計が200g単位でしか測れないので、表記もそうなります。
すでに1kg以上痩せていますが、誤差のうちのような気がします(笑)

書き方のフォーマットが難しいです。
食べたものなど書き込もうとすると、
その日の夜か、前の日の報告になってしまいますね。
最近めっきりボケ老人なので、
前日に食べたものも思い出せないかも、
ということで、当日の夜に書くことを基本とします。

内容は食べたもの、運動したこと、その他Memo、
といったところでしょうか。
他の人のダイエット日記があったら参考にしてみましょう。

決意してから本日まで行ったことは、
仕事帰りに家まで20分以上かけてできるだけ歩くようにしました。お昼ご飯をランチとかにしないで、
ミネストローネスープとかバランス食品とかの軽いものにしました。
コーヒーやジュースはやめて、原肥茶なるダイエット茶を購入して飲んでいます。
今日は休日出勤して働いているので、お昼は豪華にお寿司など食べてしまいました>反省
あ、anan買いました(笑)

計算すると、そのときの誕生日には、67.2kg あったということですね。 きょうが 58.7kg だから 8.5kg 痩せてそのまま維持をしている、ということです、えらいぞ自分(笑)。 60kg未満になって一ヶ月キープするという目標を達成して、ご褒美に車を買い替えて(笑)、その車もすでに次のものに替わっています。

Blogを通じていろんな人と知り合えたし、短歌を始めたのもBlogからだし、この五年間はとても良い五年だったと思います、みなさんどうもありがとう。

つながりが今は無くなった人も、出会いと別れはあるものだから、だいじょうぶ。 ネットワーク上だけで直接会ったことのないかたもまだいるので、機会をみつけて、できたらリアルに会いたいと今も思っています。

五年間で、記事数 3,097 件 コメント 1,940 件 トラックバック 186 件 でしたー。 いつまで続くかわからないけれど、引き続き、どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.7kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 22.0% 7542歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その日のまえに

Before_a_last_day
(C) 2008『その日のまえに』製作委員会

「その日のまえに」という日本映画を観てきました。
監督は大林宣彦さん、原作は、2005年に出版された、直木賞作家の重松清さんの同名短篇小説です。

あらすじは、
余命わずかと宣告された主婦のとし子(永作博美)は、夫の健大(南原清隆)と二人きりで結婚当初に暮らしていた町を訪れる。死が訪れる日が来るまで、とし子は息子たちには病を隠し通そうと決めていた。一方、少年時代の友人に会いにきた佐藤俊治(筧利夫)もまた、死が訪れる日を迎えるためにこの町にやってきたのだった。(シネマトゥデイ)

映画「その日のまえに」公式サイト
http://www.sonohi.jp/

奥さんの人の余命がない、という設定だけで私の苦手な展開で普通ならば進んで見ない映画なのですが(ごめんなさい)、短歌でお世話になっている歌人の笹公人さんが、主人公のお兄さん役で出演していることもあって、劇場に足を運びました。 でもでも、観てよかったです、心温まるとても素敵な映画でした。

私は、大林監督の映画を全て観ているわけではなくって、どちらかというと初期のころの代表作をいくつか、「HOUSE ハウス」「ねらわれた学園」「時をかける少女」「天国にいちばん近い島」というあたりを(リアルタイムで)観ていました。

そんなわけでじつは、ひさびさに大林監督の映画を劇場で見たのですが、始まってすぐに、そうそうこういう映画をつくられる監督だということを思い出し、それからはリアルとファンタジーが混在する世界をじゅうぶんに楽しむことができました。

テーマはまさに自分が死ぬ日、その日をいかに迎えるか迎えられるかという重いお話しなのですが、主人公二人の会話はとっても軽く進みます、表面上はまるで死を楽しみにしているかのように。

でも、とし子が映画の中で唯一泣く鏡の前でお化粧を落とすシーンと、それを見て健大が泣き叫んで階段を駆け下りるところで、あらためて二人のその悲しみを知ることができるのです。

もうひとつ平行して語られる死のお話はさらに少し重く語られているのだけど、どちらも死後は去る人も残る人も幸せな気持ちになっているであろうことが想像できてよかったと思います。

その二人を取り巻く周りの人たちの描かれ方も、その死に向き合うということへの、どちらかというと良い意味でのエピソードとしてあったのもよかったです。

表現に突飛なところがあったり、なんでだろうと思うところは、もちろんいろいろあるのだけれど、それもひっくるめて映画の世界なのだと思いました。 繰り返される音楽も、劇場を出たあとの新宿は夜の街で、つい口ずさんでしまうほど心にしみこみます。

南原さんの演技や台詞回しも、この設定なら大丈夫だし合っていたと思います、笹さんの演技は想像以上に怪演でしたが(ごめんなさい)、静かな彼女の両親との対比としても、とてもよいアクセントになっていたと思います。

そうしんのメールばかりがたまるので その日がくるとおもってました (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.6kg (前回比 +0.3kg) 体脂肪率 22.0% 9583歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.3kg (前回比 -0.7kg) 体脂肪率 22.6% 10929歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リダクテッド 真実の価値

Redacted_galleryposter
(C) 2007 HDNet Films LLC

「リダクテッド 真実の価値」という映画を観てきました、原題も「REDACTED」で意味は「編集済みの」という感じだと思います。 「カジュアリティーズ」というベトナム戦争での集団強姦殺人を描いた映画を作ったことのあるブライアン・デ・パルマ監督が、今度はイラクで実際に起こった事件を題材にして、ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞しました。

あらすじは、
戦場をビデオ撮影し、映画学校入学のアピール材料にするというもくろみから、イラクでの兵役に志願した19歳のサラサール(イジー・ディアス)。検問所の任務に就いていたものの、大した映像が撮れないことに不満を感じていたサラサールは、ある夜、戦争遂行に役立つ証拠を捜索するという名目で、仲間とともに1軒の家に踏み込む。(シネマトゥデイ)

映画『リダクテッド 真実の価値』公式サイト
http://www.cinemacafe.net/official/redacted/

この映画はフィクションだが事実に基づいている、と冒頭に表示されます。 そのうえでドキュメンタリーのような映像が続き、あたかも記録映画を観ているような気分になるのです。

普段だったら絶対に観ない映画だし、観たことをすごく悔やみましたが、そこで目を背けてはいけない、真実をきちんと見なければいけないのだと、伝えようとしているのだから、もちろん最後までしっかり観ました。

その国の人もそうでない人も、敵も味方も、戦争はお互いに悲劇なんだと思う、戦争だから何がおこなわれても何をしてもいいなんてことはなく、そこでおこなわれたことは事実として認めなければ知らなければだめだ、ということなんだと思う。

登場している軍人のような常軌を逸した人がいるなんてまともには考えられないけど、戦争という非常識な状況では、もしかしたらありえるかもしれないと、だんだん思えてくるのです。

エンディングの静止画(写真)がリアルなものかフィクションのものか(どちらも混ざっていたように思うけど)わからないけれど、冒頭のテキストのように、目が黒く塗られていて、これは映画会社が塗るように命じたとのことで、まさにリダクテッドされたそうです。

少しだけど人間として希望が持てるシーンはあります、でもその程度では跳ね返せないほど重い現実があります。

物語の中でサラサールが撮る画像、監視カメラやインターネットの動画など、ビデオチャットやTVの取材映像などいろんな素材、もちろん作られた映像なのだけど、音楽やSEとあわせて現実感をすごく高めます。

遠い異国の地の出来事ではなく、日本でも自分たちのまわりでも形は違うけど起こっていることだと認識、いや考えるだけでも違うと思いました。 誰にでも薦められる映画ではないけれど、興味があるかたはぜひ。

ふしだらをかくせばかくすほど見たい その黒マジックはぎとってやる (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.0kg (前回比 +-0.0kg) 体脂肪率 21.4% 5347歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.0kg (前回比 +0.7kg) 体脂肪率 19.4% 13273歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »