« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

痩せても枯れても♪

本日の体重 56.5kg (前回比 -0.5kg) 体脂肪率 16.6% 30980歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.0kg (前回比 -0.7kg) 体脂肪率 18.3% 9264歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOEMON

Goemon
(C) 2009「GOEMON」パートナーズ

「GOEMON」という映画を観てきました、お友達な、にこさまを誘おうと思っていたのですが、そんなことをしているうちに上映が終わってしまうといけないので^^ 今回は一人で。 あの実写版「CASSHERN」の監督、紀里谷和明さんの五年ぶりの映画です。

あらすじは、
織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊・石川五右衛門(江口洋介)がすい星のごとく現れ、庶民を熱狂させる。そんな中、五右衛門は盗み出した財宝の中に重大な秘密が隠されている南蛮製の箱を見つけるが……。(シネマトゥデイ)

GOEMON
http://www.goemonmovie.com/index.html

大泥棒石川五右衛門をキーパーソンに、リアルな歴史上の人物とフィクションな人物を、私たちが持つそれぞれのキャラクターのイメージをベーシックに、時代や世界を大きくクロスオーバーして、かなり大胆なアレンジのストーリーをコンポジションしています(なんとなくカタカナを多用して説明^^)。

俳優さんたちもベテランを含め、その登場人物のキャラクターにぴったりな人たちで配役されていて、そこもなかなかよかったです。  この映画の広末涼子さんの丸い顔、大好きです、きゅん。

映像的にも監督独自の世界観を存分に発揮して、また、「CASSHERN」で見せた技術をさらに進化させて、今回はカメラワークというか、CGとの視点がどんどん切り替わり、それも速いスピードなので、シーンによっては観客が追いつけない部分もあったり、わお(笑)。

紀里谷監督は、CG とリアルを組み合わせた結果の完成品としての絵を、組み合わせる前から明確に頭の中に持っているのだと思います、だからそこに向かえるし、ゆるぎない世界になっているのでしょう。

あとはその映像の様式美に浸って物語とアクションを楽しめばよいと思います。 CASSHERN がよかった人にはぜひぜひ。

目の前に君さえいればどこだって僕にとっての絶景になる (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.7kg (前回比 +0.6kg) 体脂肪率 19.7% 7661歩

きのう、美味しいお刺身と美味しいカレー(なんという組み合わせでしょう)を食べ過ぎたので体重が増加しています。 歩数はカウントが半日オフになっていたので少なくなってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.1kg (前回比 -0.7kg) 体脂肪率 19.3% 13724歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.8kg (前回比 -0.5kg) 体脂肪率 19.0% 12019歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレート・ファイター

Chocolate_galleryposter
(C) 2008 sahamongkolfilm international all rights reserved. designed by pun international

「チョコレート・ファイター」という映画を観てきました、タイトルは Perfume の チョコレイト・ディスコ と Dream Fighter を思い出させます(笑)、原題は「CHOCOLATE」。 「マッハ!」や「トム・ヤム・クン!」というアクション映画を作ったプラッチャヤー・ピンゲーオ監督の最新作です。

あらすじは、
アクションの映像を観ただけで、同じ技を習得できる人並外れた能力を持っている美少女ゼン(ジージャー)は、最愛の母が末期の白血病に侵されていることを知る。ゼンは母からすべてを奪ったマフィアに復讐(ふくしゅう)するため、自ら体を張って抗争に身を投じるが、そこで生き別れになっていた父マサシ(阿部寛)と再会を果たし……。(シネマトゥデイ)

映画「チョコレート・ファイター」公式サイト
http://www.chocolatefighter.com/

今回はネタばれを書いてしまう可能性があります、これから観ようと思っている人はご注意くださいませ。 また、シネマトゥデイのあらすじは少し内容と違うと思います、白血病という描写も無かったと思うし、マフィアに復習するために戦うわけでもないですから(笑)。

実際の物語はもっとよくできていて、日本語から始まったのは驚いたけど(笑)、前説から始まり、目と耳が良いことや育ってきた環境などから、ゼンの強さの理由をなんとなく観客に伝えてくれます。

初のファイトでその片鱗を見せておいて、お金の取り立てに行く先が製氷工場だったり精肉工場だったり、最後の壁を使った戦いとか、場所の違いを生かしたバトルのバリエーションを広げてくれています、武器もいろいろ変わります。

なんて能書きはどうでもよくって(笑)、まるで格闘ゲームのように華麗に技が決まっていくのがとっても気持ち良いです、技にもコンボがあったり、それぞれのステージでサブボスキャラも登場するところや、目のよいこともあってその場で相手の技もどんどんフィードバックして、本人もレベルアップしていくところもさらにゲームっぽい^^。

でも、それを生身の人間が、コンピュータグラフィックなど使わず行っているところが凄いです(一部、ワイヤー使ってない? とか思ったりしたけど^^)、スローや早送りとかとあわせて、殺陣がまるで踊りのように美しいのです、もうそれを見ているだけで満足で心地よかったです。

主役のジージャーことヤーニン・ウィサミタナンは若く見えますが、今年25歳なのだそうです、わお。 11歳からテコンドーを始めて高校時代には国内大会で金メダルを取ったそうですが、それでも映画のために四年間の訓練と制作にさらに二年かかっているとありました。 かわいいし見た目も華奢なのに戦うギャップがまたよいですね。

アメリカ版のポスターはどうかと思いますが(笑)、アクション映画を好きなかたは必見の映画です、ぜひぜひ。

階段をチヨコレイトで六歩ぶん空へちかづく君からはなれる (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.3kg (前回比 +0.4kg) 体脂肪率 17.1% 17301歩

夕食を真夜中過ぎにいただいてしまったので、体重はまた増加してしまいました。 遅い時間だから量を控えようと思ったけど、美味しい牛丼とサラダにお味噌汁をしっかり完食してしまった結果です。 いちおうすぐに眠らないように二時近くまでケーブルTVで映画を見たりしていました。

きょうは初めての人と渋谷でデートの予定です、どきどき(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.9kg (前回比 -0.3kg) 体脂肪率 17.4% 14312歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.2kg (前回比 +0.8kg) 体脂肪率 19.3% 21459歩

土曜日に、二人でビールにワインを二本も空けてしまったのと美味しい料理で体重が増加してしまいました。 よく考えてみると、五月の連休明けから毎日呑み続けている感じがします(笑)、理由は自分でも薄々とわかっているのだけれども、そろそろなんとか脱却しなければいけません、頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.4kg (前回比 +-0.0kg) 体脂肪率 18.1% 14100歩

火曜日に「月の雫」、そこでもらった二千円の割引券を使って、水曜日は「東方見聞録」という同じグループの居酒屋さんへ、なんとさらに金曜日にも場所の違う「東方見聞録」に短歌の人たちと行って、今週は三光マーケティングフーズの居酒屋さんに三連荘という偉業を達成しました、ぱちぱちぱち(笑)。

三枚揃うと一杯が無料になる生ビール券を何度も使いました、おー、いろんな話しを名古屋からのゲストを交えてできて、楽しかったです、私は本日に娘の体育祭があったため、二次会には参加しなかったのですが、とても後ろ髪を引かれ隊でしたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーン・アフター・リーディング

Burnafterreading
(C) 2008 Focus Features LLC.All rights Reserved.

「バーン・アフター・リーディング」という映画を観てきました、原題は同じく「BURN AFTER READING」です、直訳すると、読んだあとに燃やしなさい、ですね、CIA(Central Intelligence Agency)なお話なので、スパイ用語とすると、最高機密を隠し通せ、ということらしいです、テープが燃えるスパイ大作戦の指令みたいな感じでしょうか、ほかには大事な書類を捨てるときは気をつけろと責めるときや、盗み見されないようにしろ、という意味もあるかも、とありました。

あらすじは、
CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)。そのころ、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は、機密情報の紛失にうろたえていた。一方、オズボーンの妻ケイティ(ティルダ・スウィントン)は、財務省連邦保安官ハリー(ジョージ・クルーニー)と不倫中で……。(シネマトゥデイ)

映画『バーン・アフター・リーディング』公式ページ
http://burn.gyao.jp/

「ノーカントリー」のコーエン兄弟監督の映画という期待を持っていたわけではなく(直前まで気が付いてなかった^^)観たけど、驚きました。

正直に言うと観ているあいだは、なんじゃこりゃー、と思ってました(笑)、一人で観たらこの、なんじゃこりゃーの思いを語れなくてつらいよなー、三人で観にきてよかった、と思っていたくらいです。

劇場を出たとたん、笑えないよねー、凄かったねー、褒めるところがないかもー、という会話になったくらいだったけど、居酒屋さんで話しているうちに、少し認識が変わってきたのです。

内容を確認しているうちに、たとえば物事のつながりとか、繰り返される言葉とか、繰り返されるシーンとか、まあ、あたりまえなことですが、ひじょうに考えられていることに気がつきます。

もしかすると、日本の人では二ヶ所ぐらいしか笑いが起きなかったけど、三秒しか笑えなかったとかいう人もいたけど、アメリカの人じゃなきゃわからないギャグが満載だったりするのかもと思ったり。

そこで検索してみると、やっぱり細かい設定がたくさんありました。

まず、登場人物の名前が全員変です(それは初めから気づいてたけど)、その名前を連呼することもギャグになっているし、それで生まれとかを差別するネタにもなってたりします。

さらに、チャド(ブラッド・ピット)がブラックという偽名を使ったり、キューブリックの、2001年宇宙の旅、の効果音が使われていたり、ハリー(ジョージ・クルーニー)の家の住所表示が 114 だったりとか、対比のように繰り返された公園の出会いから映画デートに夕食の流れで(全部同じ席)、その「Coming Up Daisy」っていう変な映画のポスターとか、もういろいろ出てきました(笑)。 

それでもまだまだ分からないシーンもたくさんあります、オズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)登場の最初のシーンの人たちとか、彼は右利きっぽかったのに武器は左手で持ってたりとか、チーズのネタとか、変な椅子とか、置物とか料理とか、絵本とか、口を開けさせる匙とか、もうたくさんわからない(笑)。

登場人物全員が、お馬鹿さんである徹底ぶりも素晴らしいと思えてきます、初めから俳優さんに合わせてキャラクターを考えたというだけあります。

そのお馬鹿さんたちが、さらに勘違いをして物語が変な方向に進むのを、第三者の私たち観客が眺めて楽しむ映画なのかもしれません、アメリカな人だったり、伏線や細かいとこに気が付いたりするとさらに楽しめるのでしょう。 でも、結局は笑っている(笑えなかったけど^^)私たちも、似たようなことしているんだと言ってるんじゃないかと。

ドタバタ劇の最後は観てのお楽しみということで。

エンディングテーマは、The Fugs というバンドの CIA MEN という曲で、ちゃんと字幕を入れてくれたので歌詞がわかって面白かったです、歌いだしの歌詞を少しだけ引用させていただきますね。

Who can kill a general in his bed?
Overthrow dictators if they're Red?

Fucking-a man! CIA Man!

Who can buy a government so cheap?
Change a cabinet without a squeak?

Fucking-a man! CIA Man!

この映画のブラピさんの予告編を見て内容を期待想像すると大きく裏切られるのでご注意を、英語がわかると会話もさらに面白いと思うので、そんな人はぜひぜひ。

コンピュータ用語のファイヤーウォールを火事って訳していたのは驚きました(笑)。

このテープは自動的に消滅する そんなふうに燃えてなくなれ (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.4kg (前回比 -0.3kg) 体脂肪率 20.0% 11723歩

きのうは誘惑を振り切って呑まずに帰りました、休肝日となりました、そのかわり髪の毛を切りました、いつも行くお店ではあるけれど、いつもの感じでいいですよね、と言うその人の記憶はありませんでした、でも、いつもの感じになりました、プロってすごいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.7kg (前回比 -0.3kg) 体脂肪率 19.2% 11039歩

火曜日に「月の雫」、そこでもらった二千円の割引券を使って、きのうは「東方見聞録」という同じグループの居酒屋さんへ連荘してきました(笑)、名前は違ってもタッチパネルで注文するのとか同じ仕組みなんですね、デジャビュみたいでちょっと変な感覚でした。

それでも週末の飽食から通常食生活(笑)にもどったので、体重はじょじょに減少しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.0kg (前回比 -0.5kg) 体脂肪率 19.3% 11575歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラン・トリノ

Grantorino
(C) 2009 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

「グラン・トリノ」という映画を観てきました、原題も同じく「GRAN TORINO」です、GRAN TORINO はある時期のフォード社が作っていた自動車の名称のひとつです。 ポスターに写っている、クリント・イーストウッドと、手に持っている M-1 カービン銃とその GRAN TORINO は、どれも古いものだけど昔ながらの良さがある、無骨だけど格好いいものたちなのです、もちろんそれぞれ象徴でもあるのです。

あらすじは、
妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン)と知り合う。やがて二人の間に芽生えた友情は、それぞれの人生を大きく変えていく。(シネマトゥデイ)

映画『グラン・トリノ』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/

ネタばれを書くと思います、ご容赦くださいませ。
今まで何度か書いていることですけど、私はこの手の映画が苦手なのです。

頑固爺さんが、唾をはくことが、他人を罵倒することが、誤解されることが、無軌道な悪い人が、善意の押し売りが、幸せが壊されることが、乱暴が、病気が、良い人が死んでしまうことが、泣きそうになることが、ハッピーエンドでないことが、全て苦手です。

その点では一人では絶対に見ない映画なのです、でも、あまりにみなさんの評判がよくって、頑張って友達と(笑)観てきました、ええ、観てよかったです、とても素敵な映画でした。

親子であっても表面的な取り繕いさえできなくてつながっていない関係があるかと思えば、差別や罵倒の言葉を言っていても友達で居られる関係もある。 それが年齢や人種を超えて良い人も悪い人もいるということを、あたりまえのことなのだけど難しいことを、とても分かりやすく表現していました。

自分が歳をとったら、全部は嫌だけど少しはあんなおじいさんになりたいと思いました、とりあえずデッキでビールを呑み続けたい、彼がグラン・トリノに乗っているシーンは無かったと思うけど、小洒落た自動車に乗って好きなところへドライブしてみたい、そしてあの体型は維持していたい(笑)。

でも私は、あんなに強くもないし自信もないのです、逆にココロに大きな傷も無いけれど。 そんな男の無骨な生き様がおかしくて笑えてしまったり感動できたりするのですね。 ほっといて欲しいのに他人が介入してくることで、それでも人は独りでは生きられない、つながっていくのだということも教えてくれるのです。

それが世代を超えて引き継がれていく男というものだ、ということが、グラン・トリノを受け取ったタオ青年のエンディングでも伝わってきます。

苦手だったけどとても良い映画でした、人によって感じ方が違うのも良い映画の証だと思います、よかったらぜひぜひ観てください。

独りでは持てない強さを守るべき人たちの目が教えてくれた (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スラムドッグ$ミリオネア

Slumdogmillionaire
(C) 2008 Celador Films and Channel 4 Television Corporation

「スラムドッグ$ミリオネア」という映画を観てきました、原題も「SLUMDOG MILLIONAIRE」です。

あらすじは、
テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。警察の尋問によって、真実が明らかになっていく。(シネマトゥデイ)

映画『スラムドッグ$ミリオネア』公式サイト
http://slumdog.gyao.jp/

幼いころに駆け抜けるインドのスラム街を、いろんな距離と角度から撮ることで見る人にその生活を明確に伝えてくれます、さらに俯瞰することで集合としての凄さと、周りの近代化との対比も見せてくれるのです。

そんな背景を知った上で、クイズ番組に出場する主人公の生い立ちを、年齢の違う三人の役者さんが演じます、それが本当にそれぞれの本人のように思えてしまうのが不思議です。 転がっているうちに成長するのは面白い演出でしたね。

幼いころの、ほんとうにすごく汚いんだけど^^;、目だけが大きく白く見開いている、それが逆境にあってとても生き生きとしている感じがするのが印象的でした。

問題の答えを知っている理由が、その生い立ちのターニングポイントに重なっていて、それなら誰だってきっと忘れないと思うということを、淡々と主人公の口から語られていく作りも面白いです。

オリジナルのクイズの持つドキドキと、波乱万丈の人生が重なり、疾走感をもって表現されています。 ときどきギャグもあったり、最後はインド映画のお決まり的な表現もあるし、ハッピーな気持ちで終われるのもよいと思いました。 評判どおり観て損は無い映画です、よかったらぜひぜひ。

お馬鹿さん、結婚してる、下手、貧乏。 嫌いなとこは? ふぁいなるあんさー (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パニッシャー:ウォー・ゾーン

Punisherwarzone
(C) 2009 SONY PICTURES DIGITAL INC.

「パニッシャー:ウォー・ゾーン」という映画を観てきました、原題も同じく「PUNISHER: WAR ZONE」です。 最近多い、マーベル・コミックものですが、すでに二回映画化されているそうです。

あらすじは、
組織犯罪を相手に孤独な戦いを挑むパニッシャーことフランク(レイ・スティーヴンソン)は、ギャングのボスで野心家のビリー(ドミニク・ウェスト)に狙いを定める。パニッシャーによって見るも無残な姿にされたビリーは、“ジグソウ”という新しい名のもとに、パニッシャーへの復讐(ふくしゅう)に乗り出すことにしたのだが……。(シネマトゥデイ)

パニッシャー:ウォー・ゾーン - オフィシャルサイト
http://www.sonypictures.jp/movies/punisherwarzone/

家族を悪者に殺されたことをきっかけに、悪を憎み法を超えて死をもたらす、という設定はよくあることですが、その悪に対する攻撃が徹底しています。
悪い奴には何をしてもいいの? と思うくらい遠慮なく撃ちまくるしやっつけまくるのです、それが一人対大勢でもおかまいなくやってしまうので、その自信がどこからくるのだろうとかと思うくらい凄まじいです。

もちろんそれなりの装備や武器の準備をしていくのですけど、そのあたりが分かる人にはそこもまた面白いと思います。

正義のためとはいえ間違って FBI の人間を殺してしまったことに対する悔いがまた極端なのも、主人公のキャラクターをはっきりとさせています、もちろん渋いです。 他のキャラクターもいかにもコミックっぽいお決まりではあるけれど、それがまた話を面白くしています。

勧善懲悪ではあるのだけれど、最終的な選択のシーンでも、本当にそれは正義なのと考えさせる部分もあって、根本的な話は重いのですが、なんせアクションシーンが凄く見せ方も面白いので、それを楽しむということだけでも満足できるのではないかと思います。

善悪が分からないなら教えてやる おまえが悪でおれは善だよ (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨川ホルモー

Horumo_02
(C) 2009「鴨川ホルモー」フィルムパートナーズ

Yoshidaryo

「鴨川ホルモー」という映画を、あやめさんとゆっきーさんと三人で観ました。 帰りはもちろんホルモン焼きへ、と思ったのだけど混んでいたので隣の焼き鳥屋さんへ(笑)。 万城目学さんの原作を読んだあやめさんの話では、本にそった作りになっているそうですが、十七条ホルモー以降、各大学との戦いを経て決勝戦という展開は抜けているようです。 もちろん読んでなくてもまったく問題なく楽しめます。

あらすじは、
二浪した後、念願の京都大学に入学した安倍(山田孝之)は、一目ぼれした早良京子(芦名星)の存在が決め手となり「京大青竜会」というサークルに入部する。安倍はここをレジャーサークルか何かだと思っていた。しかし、実態は京都に千年伝わる競技、“ホルモー”のサークルだった。(シネマトゥデイ)

映画「鴨川ホルモー」公式サイト
http://www.horumo.jp/index.html

ファンタジーなお話なのです、ファンタジーの設定によくあるような見える人にしかわからない妖精みたいに、オニが見えた人たちにはそれが現実だし日常になるのですね。 そこに、傍から見るとおかしなことでも本人たちはいたって真面目に取り組んでいたりする面白さも加わって、物語は進んでいきます。

中でも、オニを声とポーズで操るその言葉や姿がひじょうにおかしいのです。 繰り返し発せられると、命令ではなくてまるで「ベホイミ」とか「エクスペクトパトローナム」みたいな呪文を唱えているように見えてきます。 オニのCGと併せてこれは映像ならではの楽しさですね、振り付けは、あのパパイヤ鈴木さん、わお。

映画のお話はこんなところで、実際に京都大学に行ってきました(笑)、京都旅行には何度か来たけど、さすがに初めての場所、京都駅から 6km ぐらい、のんびり歩いて一時間半ほどです。 映画は京都ロケなので、ほんとはいろんな場所を見たいと思いつつ、今回は鴨川沿いを歩いて京大を往復しただけでした、でも、いろいろ考えたりいろいろ楽しかったりしました。

そんなわけで画像は映画にも登場してくる寮です、映画では「百万遍寮」っていっていたけど本当は「吉田寮」といいます、ちょこっと覗かせていただいただけですけど、映像どおりの建物で部屋で驚きました(笑)。

いまなら、もう一度大学生なりたいと思ったりしました。

それぞれの配役が非常によくできていました。 主人公の安倍や高村には、普通なら感情移入できないキャラなのに、おまえらもっとちゃんとしようよというところなのに、私はなぜかわかる感がありました(笑)。 栗山千明さんはいかにも理系な感じがもちろんよかったです。 荒川良々さんも適役でしたね。

難しいことは考えずに、京都の風景と登場人物とオニ語とオニを、ときどきある細かい笑いと共に楽しんで観る映画です、よかったらぜひ。

せっくすをしてるんだけどゲロンチョリゲロンチョリってつぶやいている (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)

Conan_13th
(C) 2009 青山剛昌 / 名探偵コナン製作委員会

「名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)」という映画を、見た目は大人、頭脳は子供、その名は天国ななお! が観てきました、劇場版としてはもう13作目だそうです、わお。

あらすじは、
東京を中心に6件の広域連続殺人事件が発生したため、目暮警部を筆頭に、各県の刑事たちが捜査会議に参加していた。コナンは会議を抜けた一人の刑事がスポーツカーに乗り込む瞬間を目撃するが、宿敵“黒づくめ”の一人が会議に参加して逃走を図ったことに気付く。コナンは危険を承知の上で、単独捜査を開始するが……。(シネマトゥデイ)

名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー) OFFICIAL SITE
http://www.conan-movie.jp/index.html

実は名探偵コナンは漫画でもTVでも普段はほとんど見ていないのに、劇場版だけはしっかりと観ているのです、そのわけは推理してください。 真実はいつもひとつ!  あー、思わせぶり^^

今回の映画はいつもと違って、そんなに複雑な謎解きはなく、どちらかというとコナン君がカラダを張って事件の真実に迫る、解決をするところが見所だったりします。

細かい布石もいつもどおりあることはあったけど、マージャン牌の謎は私でもすぐに想像できてしまったところが痛かったかも(笑)、そのうえあまり理由付けが強くないのもつらいかも。

そんなにも良い人が現実にいるのか、っていう驚くべき真実に対する反応が、DAIGO さんの台詞にかかっていたことで感動を呼びにくかったのも、惜しかったです。

それでも、宿敵な、黒づくめの男たちと対決するということが平行して進むことで、どきどきなシーンが沢山あって、もちろん映画は楽しかったです。 かなり人気で満席になっているところもあるのは、元々お話を知っている人にはもちろんなこと、僕のようにあまり知らない人でも(さすがにまったく知らないのはつらいかもしれませんが^^)、楽しめるからじゃないでしょうか、面白かったです。

灰原哀さんが好き(笑)。

見た目なら大人で頭は子供なの きっと逆転できないままで (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.5kg (前回比 -0.2kg) 体脂肪率 15.5% 13529歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.7kg (前回比 +0.3kg) 体脂肪率 16.1% 15023歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.4kg (前回比 +0.2kg) 体脂肪率 17.0% 33119歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.2kg (前回比 -0.4kg) 体脂肪率 17.0% 14188歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのおやつ 津輕

ずっとアップはしていませんでしたけど、おやつは食べ続けております。 ひっさびさに書き込みしてみますね。

ラグノオという会社から販売されている、青森県産のアップルファイバーと小麦と鶏卵を使って使って作られた「津輕」という名のクッキーのパッケージです。 太宰治生誕百周年ということもあって、本の装丁のように作られている箱も楽しいですが、林檎の香りのするさくさくとした中身のクッキーも美味しゅうございます。
(一緒に写っているの左側のお菓子は別なものですわ)

ラグノオ
http://www.ragueneau.co.jp/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.6kg (前回比 +0.4kg) 体脂肪率 18.2% 15074歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのおひる ドーナツバーガー モス

Mosdo

MOS BURGER の、期間限定 ドーナツバーガー モス をいただきました。

MOS BURGER 期間限定ドーナツバーガー登場!
http://www.mos.co.jp/cp/mosdo_cp/

モスバーガーとミスタードーナツのコラボ商品です。
パティにドーナツのような穴が空いていて、そこに特製わさびソースが入れられている感じです、オリジナルのモスバーガーより美味しいんじゃないか、と、一瞬思わせるインパクトがあります、ぴりっと辛目で、うん、美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.2kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 17.9% 11990歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.1kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 17.3% 10539歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・バンク 堕ちた巨像

Theinternational_2
(C) 2009 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved.

「ザ・バンク 堕ちた巨像」という映画を観てきました、現代は「THE INTERNATIONAL」です、THE とあると国際労働者連盟という意味になる、という辞書もありましたが、単に名詞なら国際競技ということらしい。 映画の舞台が、ドイツ、フランス、ルクセンブルク、イタリア、アメリカ、トルコと国をまたいで展開することを意味しているのかもしれないし、International Bank/国際銀行のことかも。

BCCI(Bank of Credit and Commerce International)という実在した銀行を題材にしています、映画の中の銀行は IBBC(International Bank of Business and Credit)と見た目と感じがよく似てます(笑)。

あらすじは、
ルクセンブルクに拠点を置く国際銀行、IBBC。この銀行の不審な取引情報をつかんだインターポール捜査官のサリンジャー(クライヴ・オーウェン)とニューヨーク検事局のエラ(ナオミ・ワッツ)は本格的な捜査に乗り出すが、核心に迫ろうとするたびに関係者が消されてしまい……。(シネマトゥデイ)

ザ・バンク 堕ちた巨像 - オフィシャルサイト
http://www.sonypictures.jp/movies/theinternational/

Yahoo!映画 にあった、eiga.com の高橋諭治さんのレポートがとてもよいので、そのまま引用させていただきます、あ、いいのかな? 内容に触れてますのでご注意を。

----------

「ザ・バンク/堕ちた巨像」“強欲”対“正義”の闘いを映画的興奮たっぷりに見せる快作

 この映画は、いつもながら苦々しい顔をしたクライブ・オーウェン扮するインターポール捜査官のクローズアップで始まる。彼が摘発に執念を燃やすのはIBBCという国際的なメガバンクだ。この銀行、テロや紛争につけ込んでひたすら利益追求を行う極悪バンクなのだが、新人ライターのエリック・ウォーレン・シンガーは幾多の犯罪スキャンダルで破綻した実在の銀行BCCIをモデルに脚本を書いた。銀行の投資部門の“強欲”を告発した本作は、結果的に昨今の世界金融危機を予見した格好となった。  物語は冷たい緊迫感みなぎるサスペンス・ミステリーとして進行するが、随所に盛り込まれた優れたアクションが熱い映画的興奮を喚起する。最大の見せ場は、フランク・ロイド・ライドが設計したニューヨーク・グッゲンハイム美術館での怒濤の銃撃バトル。外観はロケで、螺旋状の回廊がある内部はセットで撮ったのだろうが、派手な銃撃戦が“まさかこんなところで!”繰り広げられる意外性にド肝を抜かれる。一時的に共闘するはめになった主人公と殺し屋が、敵の部隊がうようよと迫ってくるなか、「一か八か突破するしかねえな」と呟く古風なセリフにも痺れた。  これはいわば1970年代アメリカの犯罪映画のガッツと、金融のモラルを問う現代的テーマを融合した一作である。無力な主人公が、今どき珍しく“正義”という行動原理を貫こうともがく点も新鮮だった。さて、正義は貫けるのか。もちろんラストシーンも、クライブ・オーウェンの顔のクローズアップである。(高橋諭治)(eiga.com)

----------

というくらいとても面白い映画でした(笑)。 それだけではなんなので細かいことも書いておきますね。

次期首相候補を狙撃するのを初めから外すかもという前提はちょっと違和感がありました、二人雇うお金や手間でゴルゴ 13 クラスを雇えばよいのに(笑)。

殺し屋さんが義足であることで居場所を突き止められるくだりは面白かったです、でも、その義足から銃がでてくるとか何かギミックを期待したんだけど、義足の理由や必然性は特になかったですよね、ざんねん。

グッゲンハイム美術館の銃撃戦は凄かったです。 サブマシンガン、アメリカだからイングラムだったかしらと思ったけどスチール写真を見ると違うみたい、に立ち向かう、プロの殺し屋の打つ弾のグルーピングは素晴らしく敵をばしばし倒していく、サリンジャーの集弾とは違う、というような差が明確にあるとさらに面白かったかも。 敵が二人残っていたのに脱出できたのはどうしてでしょう(笑)。

IBBC の力が裏で働いているということが、だんだんと表に表れてきて、そんなことまでできてしまうんだ、しちゃうんだ、という流れが面白かったです、最後の銃撃の言い訳なんてどうするんだろうと思っちゃいますよね。 現実にはありえないとか思ったけど、本家 BCCI の話を読んでみたら、まあ、ほんとにそんなことしていたんだ、ということばかりでした、わお。

個人では到底かなわない、インターポールも検事局も手が出せない、こうなったら法を犯してまでもと思ったら、最後の、えー、という終わり方に、うーんと唸ってしまいました(笑)。

正義を貫く主人公がやたら渋くって格好いいです。 よかったらぜひぜひ。

備蓄など使い果たしたあとはもうこのカラダしかない乳首をさわる (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.0kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 17.6% 11369歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.9kg (前回比 +0.6kg) 体脂肪率 18.0% 12151歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.3kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 19.2% 32473歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.4kg (前回比 -0.5kg) 体脂肪率 18.3% 12483歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.9kg (前回比 -0.4kg) 体脂肪率 18.9% 15172歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィーク。

法事のために滋賀県まで自動車で行きました、本当に高速料金は1000円でした。 二日間の滞在中、映画の鴨川ホルモーの影響もあって、ほとんど眠っていないのに京都に向かい、ビール片手に鴨川を散策しながら京都大学まで足を伸ばしたりしました。 夜は田舎の歓迎を受けて近江牛のすき焼きをたくさんいただいて、法事ではお魚料理などいただきました美味しかったです、法事も無事にすみました。 滋賀県から自動車で帰って、帰りのほうが混んでたけどやっぱり1000円でした。 翌日、短歌なお友達のみなさんと新宿御苑を見下ろす屋上でお酒を飲んだり話をしたり、夜は地下にもぐって居酒屋さんで、楽しい時間を過ごしました。 三月に引越しをした新しくなった家に初めて奥さんの人系なお友達を呼んで盛り上がりました。 買い物に行って焼肉も食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.3kg (前回比 -0.4kg) 体脂肪率 18.7% 8098歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.7kg (前回比 +0.7kg) 体脂肪率 18.6% 19343歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.0kg (前回比 +0.7kg) 体脂肪率 19.0% 19945歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.3kg (前回比 +0.3kg) 体脂肪率 19.3% 10991歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.0kg (前回比 +0.0kg) 体脂肪率 19.0% 19780歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.0kg (前回比 +0.0kg) 体脂肪率 19.0% 16303歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 57.0kg (前回比 -0.4kg) 体脂肪率 17.5% 12667歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »