« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.0kg (前回比 -0.2kg) 体脂肪率 19.9% 33284歩

土曜日は、「仮面ライダー電王 全49話 24時間鑑賞合宿」に参加してきました、残念ながらデンライナーからは途中下車してしまいましたが、途中まででもたいへん面白かったです楽しみました、続きはぜひ拝見したいと思います。 主催のゆっぴぃさん、参加のみなさま、どうもありがとうございました。

Hitotoki

鍋をいただいたり、お酒をいただいたり、大人の突っ込みをいれたりしながらの鑑賞会は、ゆるさの中にも深さがあり、とても勉強になりました(笑)。 締めにうどんの鍋の画像はセーブし忘れてしたので手元にないのですが^^; 画像は、山形は六歌仙という会社の「ひととき」という発泡系な日本酒です。 まるでシャンパンのような感じ、アルコールも控えめでロゼと普通の白と、あっという間に空いてしまいました、美味しゅうございました。 

午前中はバドミントンを、そのあと 3km ほどウォーキングもしたので(笑)、いっぱい食べたけれど体重は少しへりましたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.2kg (前回比 -0.2kg) 体脂肪率 19.1% 9255歩

金曜日は Twitter 関連のイベントを急遽見に行きました、北海道からのお友達もいてお話しつつ、一杯 300 円にディスカウントされていたので生ビールも何杯かいただきつつ、ゆるいお話しも面白くて楽しい時間を過ごさせていただきました。 終了後、偶然にも今は九州にいるお友達と阿佐ヶ谷の駅で会って驚いたー(笑)、その、のだしゅーさんとは何年ぶりかだったけど、彼を見つける小枝子さんも凄い(笑)、短い時間ですが会えてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.4kg (前回比 +0.4) 体脂肪率 19.3% 11466歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板尾創路の脱獄王

Itao500
(C) 「板尾創路の脱獄王」製作委員会

「板尾創路の脱獄王」という映画を観ました、サブタイトルは THE KING OF JAIL BREAKERS です。

あらすじは、
昭和初期の信州第二刑務所。そこに、拘置所を2度も脱走したいわくつきの囚人、鈴木雅之(板尾創路)が移送されてくる。簡単には脱獄できないはずの信州第二刑務所を、鈴木は1時間もたたないうちに脱獄。その後、刑務所近くの線路沿いで身柄を取り押さえられた鈴木だったが、看守長の金村(國村隼)はそんな彼に興味を持ち始める。(シネマトゥデイ)

『板尾創路の脱獄王』公式サイト
http://www.datsugoku.com/

主人公の名前が鈴木雅之というのは、同名のミュージシャンな鈴木雅之さんが結成したシャネルズの大ヒット曲「ランナウェイ」にひっかけた洒落だったらすごい、というかきっとそうだと思います(笑)。

この先にネタバレが少しあります、ご注意ください。

タイトルに名前が入るのは、まさにその人の映画ということだと思います、内容もそのまま主人公が脱獄を繰り返す繰り返すお話しです。 その理由は、最後にわかる仕掛けになってます。

全部の脱獄の手口を見せるわけではないけれど、要所要所でなるほどねー、と思わせるやり方を見せてくれます、そこに笑いもあったりします。

昭和初期の設定なので、ロケ地もそのように選ばれているせいもありますが、昔に作られた映画の印象が私にはありました、タイトルの文字も入れ方もしかりで、たぶんそのように作っているのでしょう。 で、途中から、現在に戻ったところあたりから、今に作られた映画に感じたのですが、そこは意図的だったかはわかりません。

主役のお二人の演技はとてもよかったです、板尾さんは歌う以外台詞はまったく無しでしたが、かわりに目で訴えてました。 その歌は、お上手でしたけど、さすがに意味はわかりません、中村雅俊さんの「ふれあい」の歌詞「ひとはみな一人では生きてゆけないものだから」も関係がありそうでなさそうで。

大勢の吉本の芸人さんが出ていました、キャラクターを活かした配役でしたし演技もほどほどに良かったのですが、みなさんどこかでボケやツッコミをしそうな感じが気になってしまいました^^; でも、そんな感じがするだけで、シリアスに演技は進んでいくのですが、最後に意外な人からツッコミがあって、そこは思わず笑ってしまいました(笑)。 そこからは大御所登場だし、吉本新喜劇のような終わり方も狙いではないでしょうか。

笑いの取りかたや画面の組み立てにも、板尾さんの明確なポリシーが感じられました、そこに揺るぎはなくって、あとは見る側がそれを受け入れられるかどうかだと思います。 ちなみに、私は面白く楽しく拝見しました。

牢獄の話をメインに、たとえば壁に描かれた仏様の画に対する鈴木は髪が伸びキリストみたいだとか、宗教や戦争なども少し織り交ぜて、その中でハードなシーンはかなりグロい描写もあったり、実は細かい描写もあったり、伏線もほどほどに張られていたりして、一見すると甘い脚本のようですが、実はしっかり考えられていると思いました。 興味のあるかたはぜひ。

脱獄を繰り返しては思い出す ホームシックは幸せな病気 (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.0kg (前回比 +0.1) 体脂肪率 19.9% 10628歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dr.パルナサスの鏡

The_imaginarium_of_doctor_parnassus
(C) 2009 Imaginarium Films, Inc. All Rights Reserved. (C) 2009 Parnassus Productions Inc. All Rights Reserved.

「Dr.パルナサスの鏡」という映画を観てきました、原題は「THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS」です。 IMAGINARIUM は造語のようですね、imagination〈イマジネーション〉+rium(場所)ということでベタですが「想像の世界」という感じでしょうか、Parnassus は人の名前ですが、詩集とかいう意味もあるそうです。

監督はあのテリー・ギリアムさん。 撮影中に主要登場人物を演じていた、「ダークナイト」で有名になった、俳優のヒース・レジャーさんが亡くなってしまったため、同じ役をジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウさんたちが演じ分けるかたちで完成させています。

あらすじは、
鏡で人々を別世界に誘う見せものが売りの、パルナサス博士(クリストファー・プラマー)の移動式劇場はロンドンで大盛況だった。観客は博士の不思議な力で自分が思い描く、めくるめく世界を体験できるのだが、そこにはある秘密があった。トニー(ヒース・レジャー)はそのアシスタントとして観客を鏡の世界へと導く役目を担っていたが……。(シネマトゥデイ)

1月23日(土)全国ロードショー 映画『Dr.パルナサスの鏡』公式サイト
http://www.parnassus.jp/index.html

サイトのプロダクションノートで確認をしたところ、ヒース・レジャーさんは現実の世界を描くロンドンの収録後に他界されたので、特撮になる鏡の中の世界を他の三人の役者さんで演じ分けることで、大きな変更をせずに撮影を続けられたそうです。

お話しの内容は、まあ、あらすじのとおりです、人間の願望は人それぞれ、そして限りがない、というお話しです。 その願望、欲望を、想像の世界として視覚化した映像が、何よりの見所ではありますが、現実世界の摩訶不思議な感じも面白かったです。 想像と現実の世界の境目も微妙で、どうなるのだろうと思っているうちに観客は映画の世界に引き込まれているのです。

同じ役を演じる四人は、登場している長さも違うのですが、それぞれのキャラクターの違いも生きていて、初めからそういうものだったと思ったくらいです。 博士もよかったのはもちろんなこと、博士の娘を演じたリリー・コールさんが、かわいくてスタイルもよくてよかったし、パーシー役のバーン・トロイヤーさんは、どこかで見たと思ったら、オースティン・パワーズに出ていた人ですね、悪魔役のトム・ウェイツさんは、実は有名なシンガーソングライターですが、悪魔なのにおどろおどろしくないうまい役。

ちょっとダークでシニカルなファンタジー映画が好きな人はぜひぜひ。 また、最後まで楽しみがあるので、劇場が明るくなるまで席を立たないようにしましょうね(笑)。

想像の世界で君を遊ばせて大きく育て食べちゃう予定 (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

痩せても枯れても♪

本日の体重 58.9kg (前回比 -0.7kg) 体脂肪率 20.2% 10505歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.6kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 19.8% 11526歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーシャンズ

Oceans
(C) 2009 Galatee Films - Pathe - France 2 Cinema - France 3 Cinema - Notro Films - JMH-TSR

「オーシャンズ」という映画を観てきました、原題もそのまま「OCEANS」です。 ご一緒したあやめさんとゆーこりんさんと、観る前に軽く中華料理をいただいたとき、クラゲも食べたら、映画でもたくさん登場してましたクラゲ(笑)。

あらすじは、
北極海から南極海、サンゴ礁に彩られる美しい海に、冷たい氷で覆われた海など、世界各地の海にいる生物たち。猛スピードで泳ぎ、ジャンプするイルカ、ゆっくりと海の底へと沈んでいくマンタ。光のない大気圧1,100倍の海底であっても、そこで生きる命は存在している。(シネマトゥデイ)

映画「オーシャンズ」オフィシャルサイト
http://oceans.gaga.ne.jp/

映画の内容にふれています、ご注意ください。

感想が間違っているかもですが、すごくよくできた CG みたいにみえることもありました、たぶん画像処理のせいなのだろうけれど、非現実感すら漂っている感じ。 でも、それでいて当然だけどそれらはリアルなんだと思いました。

荒れ狂う自然も、穏やかな海も、群れをなす魚も、巨大な動物も、小さい生き物まで、どれも美しく描かれています。 映画は初めのうち、何も主張はないのだけれども、それを破壊しているのは、まぎれもなく映画を観ている私たちなんだ、と言う作りだと思っていたのです。

動物が動物を捕獲するシーンもあるけれど、それも生存競争や食物連鎖であって自然のことで、そこも美しく撮られている。 でも途中からの、人間が登場するフカひれを取るためのシーンはかなり残酷で美しくない感じで撮られていると思ったのは私の考えすぎなのでしょうか? 絶滅した魚や動物の話しが出てくるように、ほかにも人間は海の生物を生活の糧にしているのに。

最後に「撮影では生物を傷つけていない、映像を処理しています」というようなテロップが日本語で出ていたけれど、とても早くてきちんと読めなかったし、その件に関する英語のテロップはなかったように思えます。 あれは、途中の博物館のシーンと同じように 人物や動物も CG だったというのでしょうか。 

最新の機材をもって、長い時間をかけて収録したものから厳選した映像であることは間違いないのでしょうけれど、観ているうちのそれがあたりまえになってしまい、さらに 3D ではないのだけれど、立体的に思えて、その中に浸っている気分になるときはありました。

それはとっても素敵だったけれど、初めのうちの自然って生き物ってすごいなーというリアルな感じは、後半から、特に最後のテロップで半減した感じがしました。 考えさせるという点では効果はあったかもですが、ちょっとざんねん。

自然破壊とか人間の都合とか当事者としての意識は必要です。 でもそれを除けば、海に浸っていられる美しい素敵な映画です、どちらにしても大きい画面で観たほうがよいのは間違いないですから、ぜひ劇場へ。

あまりにも美しいから声もなく しばらくしたら疑っていた (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.7kg (前回比 +0.2kg) 体脂肪率 20.1% 9852歩

Dorayaki

日曜日の午前中は時計も iPhone も持たなかったので、たくさん歩いたのに歩数は普通ぐらいでちょっと残念。 月曜病のきょうは、朝からスタッフさんからの差し入れの甘いもので気力を補ってスタートしました、栗が丸々ひとつ入ってましたわー。 元気を出してまいりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.5kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 19.0% 27774歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.4kg (前回比 -0.3kg) 体脂肪率 19.8% 10013歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼岸島

Higanjima_01
(C) 2010 松本光司 / 講談社・「彼岸島」フィルムパートナーズ

「彼岸島」という映画を観てきました。 松本光司さんの人気コミックを韓国のキム・テギュン監督が映画化したものです。

あらすじは、
高校生の明(石黒英雄)の兄の篤(渡辺大)は、数年前に旅行に出掛けたまま失踪(しっそう)しており、今なお行方がわからないままだ。そんなある日、彼の前に謎の女性(水川あさみ)が現れ、兄は彼岸島という孤島にいると告げる。明は単身その島に乗り込む決意をするが、幼なじみの仲間たちも同行することになり……。(シネマトゥデイ)

2010年1月9日公開! 映画「彼岸島」オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/higanjima/

オリジナルは例によって見ていません、予告編が面白そうだったので観てみました、そして、ネタバレするかもしれません、ご容赦くださいませ。

オープニングで主人公の明の同級生の紹介をうまくしているのですが、それぞれのキャラクターの特技は、島ではあまり関係がなかったのが、ちょっと残念だったかも。 逆にそんなことは何にも役に立たない無力さを引き立てたかったのかもしれませんね。

実際に怖い目に会っているのに、友達として一緒に島へ行くということが、友情以上に強い理由があると良かったと思います、それが中盤までのやり取りの布石というか効果にできたかも。

伏線かと思わせる描写が、あとになってもまったく関係がなかったり、何のためのカットかわからない映画も多い中で、いろんな細かい出来事が、ちゃんと理由があったり、伏線もしっかり生きていたりしました。

もちろん、あんまりな展開や意味不明のところもありますが^^; お話しはどんどん進んで行くし、大勢に影響はないのでだいじょうぶ。 でも、太陽光に弱いとか、ニンニクが嫌いとか(笑)、吸血鬼側に何か弱点があってもよかったかも。 噛まれるだけなら大丈夫は面白い発想でした。

殺陣は思った以上によかったです、本当に痛そうな吹っ飛び方や、血だらけになるは、傷なども効果的。 その中でも、主人公の兄、篤を演じた渡辺大さんのアクションというか動きがよかったです。 ユキを演じた瀧本美織さんもかわいかったですわん。

刀が鳴ったりとか SE はよかったですけれど、音楽が、なんか昔の日本映画のような劇伴で、ちょっと大げさな感じがしました(笑)、怖い前に、ドラマチック過ぎてしまう感じです。

ありがちな展開ではあるのだけれど、それだけではない魅せる部分も多い映画でした、その手が好きな人はよろしければー。

刀では切れない情もあるのです 友情だとか愛情だとか (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.7kg (前回比 +0.4kg) 体脂肪率 19.6% 15423歩

きのうのお昼は、いつものサラダ弁当に加えて、うわさのテキサスバーガー@マクドナルドを買ってきて食べてしまったので、夕食のお好み焼きとあわせて、体重は増加しました。

Txb

つい、メキシカンバーガーと名前を勘違いしてしまいそうになります(わたしだけ?)、香りは想像のテキサスっぽいと思いましたが、味は香り以上にインパクトはなくて、普通な感じと思いました。 けっこう量は多いので(その分値段もだかいですけど)、セットで食べるのにはよいかもです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.3kg (前回比 +0.2kg) 体脂肪率 20.0% 11085歩

きのうもきょうも、冬じゃないようなあたたかさ、きゅーとなった身体も心も、ちょっとゆるんだ感じがします。 あさ、手袋をしなくてもだいじょうぶなので、歩きながらの iPhone 操作もらく、でもあぶないので良い子は真似をしないように。 普段は親指だけ手袋から出して使ってます(笑)。 そういえば、親指だけが出せる手袋をプレゼントしたことがあったけど、まだ使ってくれているのかな、と、遠い目(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.1kg (前回比 -0.5kg) 体脂肪率 21.0% 10741歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pliocene。

Pliocene

先日、仕事帰りに新宿三丁目で途中下車して、ひさびさにゴールデン街に行きました。 目的は、安藤瑠美さんというかたの写真展。

安藤瑠美 写真展 「Pliocene」

2010年1月11日(月) - 1月30日(土)
OPEN / 19:00 - 深夜
定休日 / 日曜日
場所 [ nagune ]
新宿区歌舞伎町1-1-5
Tel / 03-3209-8852
(ジャージとドリンク代がかかります)

nagune / ナグネ
http://www.nagune.jp/index.html

Pliocene は地学用語の「鮮新世/せんしんせい」という意味だそうです、新生代新第三紀の後半、今から約510万年から170万年前の期間。

直接は面識がないのですけれど、お友達なあやかさんのお友達ということで、興味があって、近いしお酒も呑める場所だし(笑)寄らせていただきました。

nagune さんのページにカードに使われた画像があります、そんな風景写真が展示されていました。

いっしゅんどこの風景かわからないけれど、気が付くとなるほどと思う風景。 視点が遠いところから、遠い残雪かと思っていると、とても近くに近寄っていたり、ありきたりな言い方だけど、不思議な景色なのです。

その不思議さ増幅させるために、自分ならもっとコントラストの効いたプリントにしそうだと思ったけれど、お店の照明と相まって、どちらかというと淡い感じに見える、それがまた雰囲気を醸し出しているんですね。

置いてあったファイルの中で、好きだなと思った写真は、人物が大きく写っている一枚も含めて、全部一階のバーカウンターのところにありました。

それを眺めながら、短い時間でしたがお店のマスターとお話しもさせていただいて、よい時間をすごさせていただきました、ありがとうございます。

ゴールデン街って、人によっては入りにくい場所かと思いますが、大丈夫です(笑)、機会がありましたらぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.6kg (前回比 -0.4kg) 体脂肪率 20.9% 12775歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.0kg (前回比 +0.4kg) 体脂肪率 19.8% 8147歩

51

52

私の使っている腕時計型の万歩計は、一週間分はデイリーの歩数を、三ヶ月分はウイークリー合計の歩数を記録してくれています。 初めてその一週間の合計値を見たら、一月二週目は 96603 歩でした。

バドミントンの運動中もカウントしてしまっているので、純な歩数ではないですけれど、一日平均 10000 歩は間違いないようです。 

でも、重くなるのは週末は食べ過ぎてしまうから、ということに間違いないので(笑)、せっかく家ではお酒を呑まなくしているのだから、料理の量に関しても、奥さんの人に加減してもらおうと思っています。

画像は、先週の私の誕生日に家族が作ってくれたケーキです、あらためてありがとう。 いつものように月曜病ですが、今週も元気にがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(500)日のサマー

Poster_500days_final
(C) 2009 Twentieth Century Fox

「(500)日のサマー」という映画を観てきました、原題もそのまま「(500) DAYS OF SUMMER」です。  THIS IS NOT A LOVE STORY. THIS IS A STORY ABOUT LOVE.

あらすじは、
グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目ぼれしてしまう。ある日、好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。そんな中トムは、サマーに対して「彼氏はいるの?」と聞くと……。(シネマトゥデイ)

映画「500日のサマー」オフィシャルサイト
http://movies.foxjapan.com/500daysofsummer/

主役のお二人は物語のキャラクターにぴったりだと思いました。 サマー役のゾーイ・デシャネルさんをどこかで観たと思ったら、「ハプニング」という映画に出ていた人なのですね、瞳の色がとってもすてき。 彼女がこの映画の中でキャラオケ^^ を歌うシーンがありまして、お上手そうだと思ったら、実際に歌手としてもデビューしているそうです、わお。

ちょっとネタバレするかもです、ご容赦くださいませ。

男女が出逢って付き合って別れる話しは、よくある内容だけれども、それを脚本と演出でとても素敵にみせてくれます。

単純に日々が過ぎていくのを見せるのでなく、現在に近い日と初めからを交互に見せることが、二人の気持ちの変化を表すのにたいへん効果的でした。

同じように、現実と妄想が織り込まれていて、そこも面白いし、ドキュメンタリーのような箇所もあって上手な楽しい構成になっていました、ときどき入るギャグもよかったです。 それに加えて音楽の使われ方もとてもよくって、サウンドトラックが欲しくなりました。

内容に関して、私はとてもはまってしまいました、サマーにもトムにも共感してしまう。 サマーは変わった女性っぽいけれど、実はそんなに不思議な子ではないと思ったし、トムの、えーそんなこと普通はないよね、という男心も、いやいやそうだよね、って理解できる。

運命だってあるものだと思う、でも、そのチャンスをつかまえる努力はきっと必要なんですね。

付き合い始めた二人のキラキラしたデートが、なんかとっても懐かしくて羨ましくて、くだらないことや冗談みたいなことが全て楽しい感じがとてもよくて、逆に駄目になっていく暗さや落ち込みが引き立ってました。

友達とか遊びとか不倫とかの関係を、分かっている納得しているから私たちの関係は大丈夫、と思っていたのに、どちらか、またはお互いに好きになって愛してしまって、友達から次へ進みたい、本当の恋人になりたい、独占したいとか、思ってしまうことで、その関係が壊れてしまうことってあるんだって、あたりまえだけどあらためて思う。 

でも、それをごまかしてまで続けることなんてできないくらい映画の二人はピュアなのです。

自分でも、望んでしまったから壊れてしまったことや、壊したくないからこのままのことがあったから、その点でも、トムの落ち込み具合がとてもよく分かりました、でも落ち込みすぎですよね(笑)。

映画の終わりのトムとサマーのシーンから、最後の展開のオチもよかったです。 ボンクラ(笑)な男達大勢で観にいったこともあってとても楽しかったです。

物陰があればかならずキスをした キスは僕らを笑顔にさせた (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.6kg (前回比 +0.2kg) 体脂肪率 19.9% 30155歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.4kg (前回比 +0.2kg) 体脂肪率 19.3% 7440歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD

Onepiece
(C) 尾田栄一郎 / 集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C) 「2009 ワンピース」製作委員会

「ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD」という映画を観てきました、週刊少年ジャンプ連載コミックの劇場版10作目です。 最近になって ONE PIECE は単行本の14巻まで読みました、それもあって観に行ったのでした。

あらすじは、
幼いころ、“悪魔の実”を食べたことにより不思議な能力を手に入れた少年ルフィは、命の恩人にもらった麦わら帽子をトレードマークに海賊王を目指して航海に出る。旅の途中で出会った仲間たちとともに、大海原を突き進んでいくルフィ海賊団。そんな彼らの前に、海賊王と並ぶ世界最強の男・悪魔の実の能力者“金獅子のシキ”が立ちはだかる。(シネマトゥデイ)

劇場版ワンピース第10弾! ONE PIECE FILM Strong World
http://www.onepiece-movie.com/index.html

コミックやアニメを知らなくてこの映画だけを初めて単独で観る人はいないと思います。 登場人物や設定などの基本説明は何もないので、知らない人には、まったくわからないと思いますが(笑)、そのぶんストーリーを充実させられてよかったと思います。

コミックやアニメの面白さそのまんまの映画なのでその点は問題なし、各キャラクターを生かした展開も面白かったです。 登場人物たちの表情も遠慮なくぐちゃぐちゃになる感動的なシーンも満載でした。

最近のCGアニメから比べると(意図的ではあるのでしょうけれど)ぎこちないシーンやTVアニメのようなベタっとした感じがあるのですが、そんなことはまったく問題なく、迫力がある気合の入った映像でした。

声優で特別出演のみなさまのことはほとんど気になりません^^; 映画用のオリジナルストーリーなので、ONE PIECE 好きなかたはぜひぜひ。

ワンピース好きなんだけどジーンズが好きなあなたに言い出せなくて (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.2kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 20.8% 14686歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.3kg (前回比 +-0.0kg) 体脂肪率 20.9% 11839歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.3kg (前回比 -1.0kg) 体脂肪率 20.1% 11886歩

Lunchbox

今週から、お昼のサラダ弁当の容器が変わりました、円筒形からご覧の四角いタッパウェアのような容器です。 このほうが詰めるときも楽だし、ドレッシングをかけるときもあとでシェイクしなくてすむ、という利点があります。 同じ一リットルでもずいぶん違って見えますね、次の画像が(見にくいけれど)円筒形の容器です。

Cheese

普段の食事にもどれば、そんなわけで体重は 1kg ほどあっという間に減る、わかりやすい私のカラダです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.3kg (前回比 +0.3kg) 体脂肪率 19.3% 12450歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.0kg (前回比 +1.0kg) 体脂肪率 19.1% 11410歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.0kg (前回比 -0.2kg) 体脂肪率 19.9% 35727歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.2kg (前回比 -0.2kg) 体脂肪率 19.5% 10408歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.4kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 20.5% 9313歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE 4TH KIND フォース・カインド

The_fourth_kind_poster
MOTION PICTURE COPYRIGHT (C) 2009 GOLD CIRCLE FILMS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

「THE 4TH KIND フォース・カインド」という映画を観てきました、原題は同じく「THE FOURTH KIND」です。 意味はそのまま「第四種類」ということではあるのだけれど、映画の後半でその意味がわかります、その界のかたにはご存知な言葉らしいですが。

あらすじは、
アラスカ州ノーム。何者かに夫を殺害された心理学者のタイラー博士(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、夫の遺志を継ぐべくこの町特有の原因不明の不眠に苦しむ住民たちのカウンセリングに当たる。患者たちが一様に同じ症例を訴えることを不審に感じた彼女だったが、ある患者が謎の言語を発するとともに妻子を殺して自殺してしまい……。(シネマトゥデイ)

映画『The 4th Kind フォース・カインド』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/the4thkind/

例によってほとんど内容を知らずに映画を観ました。 予告編やサイトを見るとネタバレしてしまっているのですが、知らないで観たほうが驚けます。 なるべくネタバレしないつもりですがご容赦ください。

REC/レック2 のようなドキュメンタリー仕立てで、分割したマルチ画面で見せるところも似ています。 でもこちらは本物の記録映像、ってところも怪しいけれど、を使っているのが大きな違いです。 記録映像と再現映像を組み合わせてのドキュメンタリー仕立てな映画になっています。

手法としてはとても生きてましたよかったです、こればかりは実際に見ないと伝わらないですね(笑)。

ストーリーも、オカルト的でありつつ、心理学的なところもあり、そこに錯乱系が加わって独特な怖さを醸し出しています。 ヒントになってしまうけれど、トワイライト・ゾーンとかアウター・リミッツという気配もありあり。 ミラ・ジョヴォヴィッチさんや患者さん達の演技と本物さん(笑)の映像が相まって、予想以上に面白い映画でした。

フクロウ(owl の発音って難しいかも)の顔が、有名なあの顔に似てきます。

映画が終わった照明が点いたとき、さっきまでと違う場所に居るような錯覚を覚えました。 そのままで Twitter のバラバラなつぶやきを読んでしまったので、ますます異次元に迷い込んだ感が強くなって、さらにさらに怖かったです。 この手の映画に興味があるかたはぜひ。

信じないわけないだろういまきみを見ているぼくを信じるならば (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.3kg (前回比 +-0.0kg) 体脂肪率 21.5% 11819歩

昨年末は自宅では禁酒を実行してきましたが、正月から、また正月用のお酒が残っているので、それがなくなるまではという言い訳で(笑)、また赤ワインを呑み続けています。 そのかわり真夜中のミルクココアは停止中なのでカロリー的にはきっとおんなじぐらいかと思われ、いいわけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アバター

Avatar_poster_2
(C) 2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved

「アバター」という映画を観てきました、原題はそのまま「AVATAR」です。 最近は日本でもそのままアバターで伝わりますね、ユーザーを表す分身というかアイコンという感じ、元々の意味はサンスクリット語の神仏の化身とか権化ということだそうです、どちらの意味でも映画の内容とは合っているかもかも。 監督・脚本は、あのジェームズ・キャメロンさん。

あらすじは、
下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、ナヴィ族の王女(ゾーイ・サルダナ)に助けられる。(シネマトゥデイ)

映画「アバター」オフィシャルサイト
http://movies.foxjapan.com/avatar/

3D 映画でして、劇場の系列によってそのシステムが違います。 私たちは TOHO シネマズ系で観たので、アクティブ型の、つまり電源を必要とする、シャッター方式な XpanD というシステムでした。 

専門家ではないので間違った記述をするかもですがいちおう解説してみます。

右目用左目用の画面を交互に映します、それを視力検査のようにメガネで右左の液晶シャッターを閉じて見せる方式です。 もちろん画面とシャッターが連動するように、メガネにシンクロ用の受光部があります(そこをふさぐと両方のシャッターが開いたままになります^^)。

そんな切り替えをして違和感はないのか、というと、一秒間に左右それぞれ72回ずつ切り替わる高速さで、切り替えは人間にはとても知覚できないそうです。 でも、早い動きの画面はなんとなく見にくい感じはしましたね。

欠点の一つは、そんな仕組みと電池を組み込んでいるのでメガネが少し大きめになって重いところです。 映画を観るときはメガネをかける私は、その上にそんな重いメガネをかけるので、どうかなと思ったのですが、それほど気になりませんでした。

それよりも、メガネのツルの部分が、フリーサイズのせいだと思いますが、頭の後ろに少し出っ張ってしまうので、シートに頭を持たれかけると当たってメガネがずれてしまうほうが気になりました(笑)。

欠点のもう一つは、やはり何も着けないよりも画面が暗くなることです、これは偏光方式でも程度の差はあっても同じことですが、上映中にメガネを外すとこんなに元は明るいのかと思ってしまいました。 とはいえ映像の傾向のせいか、それもそれほど気にはなりませんでした。

利点は、(以前、別の映画で見たことがあるのですが) RealD システムに代表される偏光方式と違い、色調があまり変わらないことと、座席の位置による影響が少ないことですね。

今回は音響のことも考えて真ん中の少し後ろという席を確保しました、英語は得意でないのですが、やはり台詞にちゃんと定位があるのと、せっかくのモーションキャプチャーの口の動きと合っているという意味で字幕にしてみました。

視差を利用して 3D に見せているわけですから、きっと前で観れば立体感は大きく後ろでは効果が少ないのだと思います。 でも上映中動くわけにはいかないので(笑)確かめてはいません。 近くで観ることも XpanD 方式のほうが有利な気がします。

基本は CG なので、本当はカメラで撮るようなピントが合う範囲とか無いのですが、表現として、人物はくっきりで遠くの風景はソフトフォーカスになっていたり、手前(私たちに近い方)にあるものが初めボケていて、あとでピントがあうことで立体感をみせていたりしました。 大人は画面の重なりやそのボケ具合とかで、経験から 3D を認知することもできるので、その意味でも効果的だったと思います。 飛び出していた部分もあったけど、基本は奥行き感に 3D の効果を使っていた感じがします。

3D の話しが長くなってしまいまったので、感想はかんたんに。 映像は素晴らしかったです、細かいところまですごく良かったです。 ストーリは、能天気な主人公が苦手でした(笑)。 リンクするときのビジュアルは何か同じような映画があった気がしたけど思い出せません。

ビデオレターみたいな報告のシーンのタイムスタンプ表示に確か 2150 年とかありました、あと 140 年経ったら、人間をコピーするような、あんなことが出来るようになるのかなー。 でも武器は機関銃だったり火炎放射器だったりミサイルだったりするのですね(笑)。

あなたに合った劇場でぜひぜひ映像を楽しんでください。

「アバターもエクボ」と言った一万人目の人として顰蹙をかう (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.3kg (前回比 -0.7kg) 体脂肪率 21.5% 14530歩

Hachimangu

きのうは仕事始めでした、最初のお仕事は仕事場近くの八幡宮に新年のご祈祷(っていうのかな)でした。 会社のための祈りであるわけだけど、便乗して今年二個目の娘用のお守りをいただいてみました、前のは合格祈願で今回のは学業成就だからいちおう重なってはおりません(笑)、神頼みは苦手なのだけれど、どうぞよろしくお願いします。

平常運転になってサラダ弁当が復活につき、前日が深夜の夕食だったのにかかわらず、体重は減りましたです。 よかたー(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 60.0kg (前回比 +0.2kg) 体脂肪率 20.0% 13829歩

きのうは、家族でひさびさに回転するお寿司を食べました。 そこで生ビールを呑んだ続きで、ご近所の呑み屋さんに新年のご挨拶にも行きました(笑)。 食べすぎ呑みすぎでしたけど、途中から知り合いとも合流したりして、楽しい正月休み最終日は終わったのでした。

正月休みでしっかり太りました。 体重も体脂肪率も、ぴったりの数値だったので、今年はここから減らしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.8kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 19.3% 10764歩

きょうまで仕事はお休みなのです。 家族は出払っているので(笑)独りで映画でも観に行こうかと思ったら、夕べから家のエコキュートの調子が悪くて、修理に来てもらうことにしたので、家で待機になってしまいました、ざんねん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.9kg (前回比 +0.4kg) 体脂肪率 18.0% 28877歩

Mogsyou

歩数の多いのは正月二日からバドミントンの初打ちをしてきたからです、場所は頭語のため廃止になった小学校の体育館を使わせてもらっています、雲ひとつ無いよい天気でした。 校舎もそのまま残されていて、TVなどのロケに使われたりしています、最近では年末の EXILE のどっきりな番組でも使われていたみたい。

年末も一週お休みをしたので、ちょっときつかったけれど、今年も頑張ってもう少しうまくなろうと思う初打ちでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.5kg (前回比 +0.5kg) 体脂肪率 18.5% 12852歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

この Blog 「お天道様は許しても」は、2003年12月からスタートしていまして、この正月は丸六年過ぎて七年目に突入したことになります。 いまでもときどき見に来てくださるみなさま、どうもありがとうございます。 毎年言ってますけど^^、気がつけばなんかあっという間な気がします。

去年は、新しい家に引っ越したり、新しいことを始めてみたり、大好きな人の幸せを祈ったり、逢いたかった人に逢えたり逢えなかったり、友達ができたり大好きな人が増えたり、心配したり驚いたり、もっと大好きになったり、そして、あらためて大切な家族のことを考えてみたりした一年でした。

Okazari

画像は初めてのお正月を迎えた玄関の正月飾りです。

今年の願い事はたくさんたくさんあるのですが、やっぱり一番は、家族との元気で楽しい「きまもなくらし」(笑)です。

お天道様は許しても/きまもなくらし
http://momo.cocolog-nifty.com/momo/2004/05/post_26.html

「ピンチのないこと」が一番、ピンチがあっても乗り越える力を持つことが大事なんだと思います。 もう一つの重要な願い事は、娘が受験生なのでやっぱり合格祈願です。

Takahata

あとは、大好きな人たちの幸せとか、画像の地元な高幡不動尊の初詣で沢山祈ってしまったけれど、日本には八百万の神さまがいるのだから、お賽銭も奮発したし(笑)叶えてくれると嬉しいな。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。 らぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 59.0kg (前回比 +-0.0kg) 体脂肪率 19.0% 4869歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »