« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

痩せても枯れても♪

本日の体重 62.1kg (前回比 +0.2kg) 体脂肪率 22.0% 0歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.9kg (前回比 -0.4kg) 体脂肪率 22.5% 16304歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 62.3kg (前回比 +0.2kg) 体脂肪率 22.0% 13715歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 62.1kg (前回比 -0.3kg) 体脂肪率 22.3% 10893歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒア アフター

Hereafter_poster
(C) 2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

「ヒア アフター」という映画を観てきました、監督はクリント・イーストウッドさん、製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグさん。 原題もそのまま「HEREAFTER」、将来、未来、そして来世という意味があります。

あらすじは、
霊能力者としての才能にふたをして生きているアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)、津波での臨死体験で不思議な光景を見たフランス人のマリー(セシ ル・ドゥ・フランス)、亡くなった双子の兄と再会したいイギリスの少年マーカス。ある日のロンドンで、死に取りつかれた3人の人生が交錯する。(シネマトゥデイ)

ヒア アフター
http://wwws.warnerbros.co.jp/hereafter/index.html

映画のネタばれをするかもしれません、どうぞご容赦くださいませ。

冒頭の津波のシーンが圧巻でした。 いろんな映画で津波は表現されてきたと思いますが、人を巻き込んで物を巻き込んで進んでいく感じがとてもリアルで、まさに息をのんでしまいました。

そこでヒロインが臨死体験(near-death experience)をするのだけれど、その白い世界が私の世代では、どうしても丹波哲郎さんの大霊界を思ってしまうのがとても残念なところです(笑)。 

霊能力のことは英語で「psychic power」というのですね、日本語だとサイキックはどちらかと言うと超能力のイメージがあります(もちろん英語でもその意味もあります、supernatural power とも言います)。 インチキなサイキッカー達が沢山登場したり、それをお金儲けにしようとする人がいたり、という胡散臭いものだということをあえて言いつつ、それでもほんとうに来世はあると言ってます。

宗教的にはいろいろな意見はあると思いますが、そこには触れずに、どちらかというと淡々と普通に死についてその先について語られていくのです。 重いテーマではあるのにそこが観ていて安心できるところかもしれません。

津波や交通事故や交霊など、登場人物たちのインパクトのあるシーンから始まって、国も環境もバラバラな人たちがだんだんと収束してくる。 わけがわからなく何がおこるのだろうという物語もだんだんと落ち着いていきます。 それに合わせて全体の景色も決して派手ではなく、音楽もギターやピアノなどを中心にストリングスを重ねたりしたとてもシンプルなつくりでした。

どんなものかはわからないけれど死後の世界はある、そこに行く前の現世と来世の間に、何かしら未練があるまま死んだ人たちはさまよっていて、主人公はその人たちと交信ができる。 その死者の言葉を聞いた残された人たちは(それは臨死体験でも同じことで)、そのことをきっかけに何かが変わっていく。 そしてその変化は悪いことだけではなく良い方向へ向かうのです、残された人は、誰かの死(自分の死)を受け止めて、自分はその時までしっかりと生きていこうと思うのです。

物語の最後は観る人の立場によって受け止め方が違うかもしれません、でも、生きる希望につながることなのは間違いないと思いました。 ばらばらな三人が集まって関わりあうことや、まわりの他の人との関係、さらに死者とのつながりをふくめて、もしかしたら、人は自分で生きていかなければいけないけれど、けっして独りではない、という意味もあるのかも、です。

別れてと言われ意識が遠退いた 中野駅前臨死体験 (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 62.4kg (前回比 +0.4kg) 体脂肪率 22.2% 10037歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 62.0kg (前回比 +-0.0kg) 体脂肪率 24.0% 13505歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 62.0kg (前回比 -1.0kg) 体脂肪率 22.3% 8775歩

やっと下がってきました。 このままもう少し落としたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 63.0kg (前回比 +-0.0kg) 体脂肪率 23.0% 1064歩

日曜日は珍しく一度も外出せず、一日家でのんびりしてました。 録画しておいた「愛のむきだし」を倍速で見ました(笑)、僕は変態だけど、まやかしじゃない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 63.0kg (前回比 -0.2kg) 体脂肪率 22.7% 32256歩

Kani

土曜日は朝からバドミントン、帰宅してシャワーして、午後から友達に会って遅れたけれどとチョコレートをもらって、鳩をながめながらたくさん話をして、別れたあと展示会を一つ見て、そのままひさびさに蟹の会へ参加してきました。
画像は最初のお刺身です、あとは食べるのが先で画像は無し(笑)、とても美味しゅうございました。 ビールだの日本酒だのワインだのソフトドリンクだの、各自がバラバラに好きな飲み物を頼んでいたけれど、話はバラバラにならずいつものように楽しかったです。
また家族とも蟹の会を開かなければ、と心に誓った帰り道でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 63.2kg (前回比 -0.2kg) 体脂肪率 22.1% 6800歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リセット

Vanishingon7thstreetposter_2
(C) 2010 VANISHING ON 7TH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

「リセット」という映画を、ひさびさのシアターNで観てきました。 原題は「VANISHING ON 7TH STREET」、vanishing は失われつつとか消えゆく、という意味です。 メインの舞台になる Sonny's Bar があるのが 7th street ということだったと思います。 眠れない男を描いた面白い映画「マシニスト」のブラッド・アンダーソン監督作品なこともあって期待して観てみました。

あらすじは、
ある晩、映写技師のポール(ジョン・レグイザモ)が突然の停電に驚いて映写室から飛び出すと、そこは一瞬のうちに無人になっていた。同じころ、理学療法士のローズマリー(タンディ・ニュートン)は、抜け殻のような白衣の山が残された病院を助けを求めてさまよい歩く。その翌日、テレビレポーターのルーク(ヘイデン・クリステンセン)が部屋で目を覚ますと恋人の姿はなく、外には無人の街が広がっていた。(シネマトゥデイ)

映画「リセット」公式サイト
http://reset-movie.com/

映画の中でよく出てくる台詞が I exist. 私は存在する、でした。 

突然の停電以降、一瞬のうちに人間が消えてしまった。 その中でたまたまそのときに自分で光を持っていた人は生き残こることができた。 理由はまったくわからない。 

日照時間はどんどん短くなって暗闇は広がっていく、まるで生き物のように生きている人を囲み飲み込もうとするのです。 助かるための明かりが不自然に消費されどんどんと消えていくが、とあるバーだけ自家発電機のおかげで明かりが灯っていて、そこに主人公たちが集まる、というお話です。

昔から闇には魔物が潜んでいる、というのはよくあるお話で、その見せ方や表現で、じわじわと迫ってくる恐怖や不安感を与えようとしていました。とくに、人が急に消えて服だけ残っている街の景色がよかったのだけれども、そこから期待したぶん、全体的にはちょっとざんねんだったかも。 でも、音や声もこわさのためによく考えられていました。

登場人物それぞれが、いろんな状況にあるのだけれど、一人以外はみんな誰かとの関わりで生きていて、そのために存在し続けようとしたり、逆にそのために闇に引き込まれたりする。 絶望の中でも人は生きる努力をするものだけれども、逆にあっけなく闇に引き込まれてしまう、もしかすると心の闇なのかも知れない。

「CROATOAN」という言葉が出てきます、実際にあった話が映画の中でも語られて、それはもしかしたら、人間がリセットされることなのじゃないか? という意味から邦題がつけられています。 映画を観終ったあと、しばらく暗闇が気になります。 

ひとことに一度覚えた不信感 コールタールのように広がる (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 63.4kg (前回比 +1.2kg) 体脂肪率 21.3% 11552歩

Dinner

きゅうに体重が 1.2kg 増加したのに驚いた。
ちなみにきのうの夕食は画像のもの、お昼のメーヤウカレーが普段食べないお米の量だったせいかも。 その前のイタリアンが、歳のせいで遅れて反映されたのかも(笑)。 なんにしても週末はいつも食べ過ぎるので節制が必要ですわん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 62.2kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 22.8% 12650歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 62.3kg (前回比 +0.3kg) 体脂肪率 23.0% 11821歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 62.0kg (前回比 +0.4kg) 体脂肪率 22.3% 11257歩

きのうのバレンテインズディ、当日は朝に娘からと、仕事場の女性からいただきました、ありがと。 今年もゼロでなくてよかったと思いつつ雪の中を帰って、リビングのテーブルを見ると、大量のチョコやクッキーが手作りのものも含めて沢山置いてありました。 娘は30個近くもらったそうです、あらー(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷たい熱帯魚

Coldfish
(C) NIKKATSU

「冷たい熱帯魚」という映画を観てきました。 舞台を表すタイトルと相反する意味も不気味ですが、んまー、おそろしい映画でしたわん。

あらすじは、
熱帯魚店を営んでいる社本(吹越満)と妻の関係はすでに冷え切っており、家庭は不協和音を奏でていた。ある日、彼は人当たりが良く面倒見のいい同業者の村 田と知り合い、やがて親しく付き合うようになる。だが、実は村田こそが周りの人間の命を奪う連続殺人犯だと社本が気付いたときはすでに遅く、取り返しのつ かない状況に陥っていた。(シネマトゥデイ)

園子温監督作品「冷たい熱帯魚」公式サイト
http://www.coldfish.jp/index.html

映画ならではのお話しでした。 登場人物の表情や喋り方や動作など、小説などの文章ではこんなに直接届くことはない、と思います、だからとてもヤバイのです。

お話しはあらすじのとおりです。 もう村田役のでんでんさんが圧倒的よ圧倒的。 大きな声で、くだらないことを言って、すぐ人に触る、若い人には一番嫌われるタイプのオジさん。 そのオジさんパワーでどんどん押し切っていくところも、あるあるいるいるな感じだと思っていると、そんな奴は絶対いないだろうというような豹変をする。

社本役の吹越満さんが、対照的だけどやっぱりいそうなお父さんを演じています。 これまた若い人に嫌われるタイプで、事実子供に嫌われている。

この二人が登場した時点で、オジさんな私は自分はどちらでもない、と思うのだけれども、もうドキドキしてしまうのです。 登場する女性のみんながエロっぽいのにもドキドキしてしまうのだけれども(笑)。

それでいて、みんな子供のように単純で我侭し放題なのも、もう手をつけられない感が満載なのです。 なんかあったら とうめい にしちゃえばいいんだー。

あとは観てもらうしかないのだけれども、だんだんと狂気へと進んでいくのではなく、もう、スイッチが入った瞬間から初めから全開でイッちゃっているのがすごい。 下手をすると観客は付いてこられないのだけど、社本と同じように、唖然としているうちに巻き込まれて引き込まれてしまいます。 人間の愛と狂気をみせつけられる。

そんなお話しなのに、劇場で数回は笑い声があがった、そんな映画じゃないのに笑えてしまうところがまたすごい。 変に神様も登場するし、まるで料理のようだし、いやいやどうしたらよいのでしょう。

音楽も、能天気なハワイアンと緊張を高めるドラムマーチが効果的。 拒絶してしまう人もいると思うけど、興味のあるかたはぜひぜひ観てください。

とうめいにしてしまうっていうけれどなかったことにするわけとじゃない (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.6kg (前回比 +0.2kg) 体脂肪率 22.8% 7914歩

Cocoa

画像は、きょうのバレンタインズディに前もっていただいた、奥さんの人からの Gavarny のココアのトリフと、あやめ姉さんからの Franck Maupouet の Vino cacao Noir というチョコレートのワイン。 チョコレートのワインといっても、赤ワインにカカオ豆を漬け込んで作られているのです、どんな味かというと、赤ワインを飲みながらチョコレートをつまんで食べている、そんな感じ(笑)。 濃い感じはあるけれど、しつこいわけではなく美味しいので、けっこう飲めてしまいます、甘いのも好きな人にはよいかも、もちろん私にはぴったり。 二人ともありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.4kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 23.4% 18548歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.5kg (前回比 -0.2kg) 体脂肪率 22.5% 2023歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.7kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 22.9% 10395歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.8kg (前回比 -0.1kg) 体脂肪率 23.1% 10202歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GANTZ

Gantz
(C) 奥浩哉 / 集英社 (C) 2011「GANTZ」FILM PARTNERS

「GANTZ」という映画を観てきました。 原作は奥浩哉さんのコミックで今も進行中のお話です。

あらすじは、
まったく就職が決まらない大学生の玄野(二宮和也)と、彼の幼なじみで正義感の強い性格の加藤(松山ケンイチ)は、電車にひかれて命を落としてしまう。しかし、黒い謎の球体“GANTZ”が彼らを呼び出し、“星人”と呼ばれる異形の敵との戦いを強いる。加藤は争いを避けるが、玄野はサバイバルに身を投じることを決意する。(シネマトゥデイ)

G A N T Z 
http://gantz-movie.com/index.html

映画は基本的に予備知識無しに観ることにしています。 今回も原作の漫画は見たことがなかったのですが、なかなか難解なお話だと思って、つい、 Wikipedia を見てしまいました(笑)。 じつは、それだけでもかなり面白くて、長い説明を一気に読んでしまいました、大好きな世界観です。

その分、驚きは減ってしまったけれど、漫画は読んでいないので映像的な違和感はないままで、細かいところの設定を気にせずに観られたのはよかったかも。 俳優のみなさんのキャラクターも活かされていたと思います。

アクションシーンはなかなかエグくって思っていたよりも感じよくて楽しめました。 そんなシーン以外のところが全体にゆっくりと進行していくのは、対比的にはよかったけれど、玄野の気持ちの変化が唐突な感じがしたりと、せっかくの時間をつかって、そのあたりを補うような描写がもう少しあってもよかったと思いました。

あと、いいからとりあえず撃て、と言いたくなる映画ですね(笑)。 不条理感が満載のへんてこなお話で、笑えるところもあったりするのに、全体は真面目に取り組んでいるのもよいところです。 Part2 も、あやめ姉さんと観に行きたいと思います。

読売でもらった映画の券だから GIANTS だと思い込んでた (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.9kg (前回比 -0.5kg) 体脂肪率 22.8% 12512歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 62.4kg (前回比 +0.4kg) 体脂肪率 22.1% 10944歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 62.0kg (前回比 +0.2kg) 体脂肪率 23.8% 6735歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.8kg (前回比 +0.2kg) 体脂肪率 24.2% 28656歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.6kg (前回比 -0.4kg) 体脂肪率 24.0% 11931歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 62.0kg (前回比 +-0.0kg) 体脂肪率 22.5% 11762歩

Ehou

誕生日は過ぎてしまったけれど、月も替わってしまったけれど(笑)、引き続きイタリアご飯をご馳走になったり、早いバレンタインズディと一緒にチョコレートなワイン(味は今度飲んだときにご報告しますね)をいただいたりしていて、幸せものです。

きのうは節分だったので、真夜中に豆を撒いて食べて、奥さんの人手作りの恵方巻きもちゃんと南南東を向いて黙って食べて、家族の安全と幸せを祈りました。 画像は朝食になった恵方巻き。

もうひとつ、幸せな招待状も届いていました、いまからとっても楽しみです。 いろいろ予約をしなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 62.0kg (前回比 +0.1kg) 体脂肪率 22.1% 10420歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イップ・マン 葉問

Ippu
(C) 2010 Mandarin Films Limited. All Rights Reserved

「イップ・マン 葉問」という映画を観てきました、イップ・マンは主人公の名前です。 原題は「葉問2/IP MAN 2」ということで、じつは「2」なのです。 二部作の「1/序章」はこの2が5000人以上の動員があったら公開という変則的な興行なのです。 1を観ていなくても本作だけでとても面白い映画なのですが、1の予告編を観ると、同じぐらい面白そうなので、ぜひ観てみたい。 香港映画の、それもアクション映画が好きなかたはぜひぜひ観て欲しいです。

あらすじは、
1950 年、イップ・マン(ドニー・イェン)は家族を連れて、広東省佛山からイギリスが統治する香港に移住。その後彼は、新聞社の屋上に詠春拳の武館を開く。そんなある日、血気盛んな青年ウォン(ホァン・シャオミン)がやって来て、自分が負けたら弟子入りするとイップに勝負を挑む。(シネマトゥデイ)

イップ・マン 葉問 IP MAN
http://www.ip-man-movie.com/

イップ・マンの名前を知らなくても、ブルース・リーの名前はご存知だと思います。 彼はブルース・リーの唯一無二の師匠なのです、わお。

当然、クオリティの高いアクションシーン満載の映画になってます。 相手役が、御歳59才のサモ・ハン・キンポーさんで、今回はアクション監督も務めていて、ワイヤーアクションのシーンはご愛嬌ではありますが、イップ・マン役のドニー・イェンさんとの闘いでも、体格の差を表現しつつ華麗な技をいかしたカメラワークで見せてくれていました。

それは、イギリス人のボクシングチャンピオンと闘うときも同様で、比較的小柄なイップ・マンとヘビー級かと思うような大男との対決でも、力に対してスピードを活かした華麗な技で対抗する、はたしてその結果は、にドキドキ手に汗握ります。

アクションだけではなく、1950年当時のイギリスに統治されている香港の様子や、登場人物それぞれの立場の違い、キャラクターなど、ちょっと誇張し過ぎなところもあるけれど、よく表されていたと思います。

なにより、イップ・マンの普段の温和な人柄の良さと、アクションとの対比が格好いい。 映画では「争わぬために闘う」ということを、まさに実践して生きた人なのですね。

いろんなアクションシーンがハイスピードで展開される、まるでマトリックスの世界、そういえば服装もネオっぽい(笑)。 音楽もとても場を盛り上げてくれるし理屈ぬきで楽しめます、よろしければぜひぜひ。

失恋をしないためには恋しない そういう彼は愛をしらない (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キック・アス

Kick_ass
(C) KA Films LP. All Rights Reserved.

お友達の間で噂の「キック・アス」をやっと観ることができました、原題もそのまま「KICK-ASS」です。 スラングとして ass は映画でもよく登場しますね(笑)、有名なのは asshole で相手を罵倒するときに使ったりする日本語では くそったれ! でも kick-ass は実は良い意味でして、最高、かっこいいっ、という感じだそうです。

あらすじは、
コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、ある日、インターネットで買ったスーツとマスクで、ヒーローとして街で活動を始める。何の能力も持たない彼はあっさり犯罪者にやられるも、捨て身の活動がネット上に動画で流され、“キック・アス”の名で一躍有名になってしまう。(シネマトゥデイ)

映画『キック・アス』公式サイト
http://www.kick-ass.jp/index.html

ネタバレになることも書きますご容赦くださいませ。

主人公の Kick-Ass が本当に弱くて格好悪いのです、街中を歩いて移動しているところなんて、ヒーロー映画ではありえないです(笑)。 でも、純粋にヒーローに憧れヒーローになりたい、というまるで子供のような心意気は素敵。 特別な力は無いけれど、痛みに鈍感になってしまったことと体中に金属補強が入ったおかげで、少しヒーローレベルが上がる。 物語が進むとヒロインとも仲よくなるなんてヒーローの王道だし、最後は格好いい武器を装着して悪者だけど殺してしまう大立ち回りをする。 本物のヒーローみたく本当に空まで飛んじゃうなんて!!

Youtube とか動画サイトで広まるのもいかにも今っぽく、始めは Kick-Ass 一人だったヒーローが、Big Daddy と Hit girl が加わり、Red Mist まで現れて四人になるわけですが、それぞれが登場するごとに周りが、「なんだ? こいつは?」という反応がおかしい(笑)。

もちろん、後半のメインになる、本当に格好いい Hit Girl がやっぱり素敵。 躊躇や容赦や手加減がないところや、小さい身体を生かした攻撃がとてもクールでほんとにキックアス(笑)。 それでいて日常の子供らしい顔や戦闘中に一瞬素の子供にもどるところや、何より敵のボスにやられてしまったときの、もう駄目だーという顔がよかったです(あ、私にそういう趣味は無いですがw)。

Hit Girl 役のクロエ・グレース・モレッツさんは撮影時にリアルに11歳だったそうです。 大好きな映画の(500)日のサマーに主人公のおしゃまな妹役で出ていましたね。 戦闘中の四角いアヒル口がかわいいです。

残りの二人のヒーローも、ニコラス・ケイジさんはもうはまり役だったし(そこを語るとキリが無いw)、それぞれの立場でのキャラが立っていてよかったです。 主人公以外のコスチュームがみんな格好いいのも楽しくて笑える、どうみてもバットマンとロビンですもの。

漫画のようなお話で、コミック喫茶みたいのも登場するし、Big Daddy は趣味なのか仕事なのかコミックを描いているし、あんな武器を買うお金はどこにあるんだとか、突っ込みどころも矛盾も沢山、今の高校生活とか恋愛とか、コメディっぽいところも沢山あります。 でも、銃やナイフなど、残酷残酷なバイオレンスシーンも対照的に沢山描かれていて、実は「正義とは? 暴力とは?」という深いお話でもあるのですね。

とはいえ、そんなむずかしいことは抜きに、主人公のボンクラさと Hit girl を中心としたアクションの爽快さだけで十分に楽しめる映画です、音楽もかっちょいいしぴったりでした。 どうやらパート2もありそうだし、気になる人はぜひぜひ。

過ぎた今日あきらめ眠りキック明日 (天国ななお)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.9kg (前回比 +0.3kg) 体脂肪率 22.7% 10085歩

月は替わったしまったけれど、お誕生日のお祝いをしてもらいました。 イタリア料理屋さんだったけれど、普段食べないような料理が多くて美味しかったです、ワインも一本あけてしまいました。 ごちそうさまでした。 らぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せても枯れても♪

本日の体重 61.6kg (前回比 -0.3kg) 体脂肪率 24.0% 12462歩

Wight

ここ一ヶ月の体重を、iPhone のアプリになっている「ためしてガッテン」の「計るだけダイエット」のグラフで表してみました。 変動はあるもののなんとなく減っている方向のカーブです、よかったです。 この調子でがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »