« レイン・オブ・アサシン | トップページ | 痩せても枯れても♪ »

感想を書いてない映画たち。

去年より映画を観ていないから、感想を書く数も少なくてよいのだけれど、すみませんペースが追いつかなくなりました、あいやー(笑)。
合間を見て感想を書けるものは書きたいとは思いますが、とりあえず忘れないうちに劇場で観た映画で感想を書いていないラインナップはこんな感じです。

世界侵略:ロサンゼルス決戦/BATTLE: LOS ANGELES
http://www.battlela.jp/

ワイルド・スピード MEGA MAX/FAST FIVE
http://mega-max.jp/

猿の惑星:創世記(ジェネシス)/RISE OF THE PLANET OF THE APES
http://www.foxmovies.jp/saruwaku/

カウボーイ&エイリアン/COWBOYS & ALIENS
http://www.cowboy-alien.jp/

ミッション:8ミニッツ/SOURCE CODE
http://disney-studio.jp/movies/mission8/

マネーボール/MONEYBALL
http://www.moneyball.jp/

新少林寺/SHAOLIN
http://shaolin-movie.jp/

ラブ・アゲイン/CRAZY, STUPID, LOVE.
http://wwws.warnerbros.co.jp/crazystupidlove/index.html

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」は、もうアメリカの軍人魂とへんてこなエイリアンとのお話。 銃撃戦が終わると平気で顔を出してしまうところが、それで大丈夫なのと思ってしまいました。

「ワイルド・スピード MEGA MAX」は、駐車場コースの最速を目指してあんなにみんなで練習して挑戦したのに、あっさりとやめてしまったのが印象的でした。

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」は、お猿さんの気持ちというか立場に立ってみると楽しい。 を発するタイミングはそこだったのかーという感じ。 それで猿の世界になったという理由は納得するけれど、医療機関の作業というか管理はずさんすぎです。

「カウボーイ&エイリアン」は、みんなで楽しく観る映画でした。 主人公の容赦の無い暴力は通りこして気持ちがよいです。

「ミッション:8ミニッツ」は、そう言っている人が多いけれど邦題はもう少しなんとかしてほしいです。 わからないところから始まって、主人公とともに状況を把握していく流れはよかったです。 繰り返すことでスキルが上がってくる、彼女のことを好きになっていく、という展開も面白い。 最後のオチは、その場では実はよくわからなかったです、すみません。

「マネーボール」は、現実の話ということで苦手な展開も安心して観てられました。 あそこまでクールにも情熱的にもなれないけれど、普通の仕事でもあてはめることができる、という普通っぽい感想だけど持ちました。 ブラピさんはやっぱり格好いいっ。

「新少林寺」は、アクションから爆発までとても楽しく拝見しました。 ひとを許すことって難しいけれど、それはやっぱり神や仏のなせるわざなのでしょう。

「ラブ・アゲイン」は、あらためて感想を書きたいです。

|

« レイン・オブ・アサシン | トップページ | 痩せても枯れても♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3548/53426503

この記事へのトラックバック一覧です: 感想を書いてない映画たち。:

« レイン・オブ・アサシン | トップページ | 痩せても枯れても♪ »